令和のサラリーマン不動産投資家の平均資産額は?年収は?MFSが2000人調査

不動産投資ローンのオンライン借り換えサービス「モゲチェック不動産投資」を提供する株式会社MFSは2月21日、自社サービスを利用する約2000名のサラリーマン投資家を中心とするユーザー分析を行い、結果を発表した。不動産の平均資産額は1億円、平均物件保有数2.2件、平均年収1064万円、平均年齢は43歳だった。不動産の平均購入余力は8243万円で、新築よりも中古物件が人気だった。

調査は、モゲチェック不動産投資を2019年2月19日~2020年2月5日の間に利用したユーザー1978名、および保有物件5510件のユーザーを対象とした。それによると、不動産資産額分布の平均額は約1億円。区分所有マンション保有者の平均額は4600万円、一棟アパートでは1.4億円。金額の大きな一棟アパート保有者が全体平均を押し上げた。

保有物件数は、半数が1件のみ保有、残り半数が2件以上の複数物件を保有しており、平均2.2件、最高は21件だった。年収と年齢では平均年収1064万円で、最多年収層は700万円台。同社は「不動産投資を行う際には銀行借り入れを行うのが一般的であり、その審査基準に合致する高所得者が中心ユーザーになっている」と推測する。平均年齢は43歳だが、20代も全体の4%と少人数ながら投資を行っていた。

不動産の購入余力(不動産投資ローンの借入可能額)について、モゲチェック不動産投資の主力サービスの一つ「バウチャー(不動産投資ローンの借入可能額を判定するサービス)」を利用しているユーザーを分析したところ、平均購入余力は8243万円となり、1億円以上購入できる層が40%もいることがわかった。また、希望物件種別については半数以上が中古と回答。不動産価格高騰を受け、買い求めやすい中古物件に人気が集まっている。

さらに、不動産投資ローンを借り入れているユーザーの適用金利を分析したところ、70%のユーザーが2%以上の高金利で借りていることがわかった。現時点での最安金利はおよそ1.5%程度のため、借り換えることによってメリットが出る可能性がある。また、借り入れ年別の平均金利を見ると、金利は2.0%〜2.5%の間で推移していた。「マイナス金利を含む金融緩和がなされているにも関わらず、不動産投資家は金利低下メリットを得られていない」(同社)状態にある。不動産投資ローン借り換えを申し込んだユーザーのうち、事前審査で否決される割合は約80%近くにもなり、審査が厳しい実態もうかがえた。

年収倍率(ローン残高と年収の比率)ごとの事前審査承認率を分析したところ、年収倍率が15倍を超えると承認率がほぼ0%になる。一方、年収倍率が8倍以下であれば承認率は40%程度になる。調査では年収倍率は平均11.8倍で、年収の10倍超の借入があるユーザーは全体の35%を占めていた。

「借り換えは利回りをアップさせる重要な手段の一つ。返済能力をアップさせて信用力をつけることが重要」と同社は指摘する。

【関連サイト】モゲチェック「不動産投資」
【関連記事】モゲチェックの評判・口コミ

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」