GLM、国内初オンライン完結型住宅ローン申込・審査手続サービス導入。不動産業界で初

株式会社グローバル・リンク・マネジメント(GLM)は10月10日、株式会社GAテクノロジーズが提供するサービス「MortgageGateway(モーゲージゲートウェイ)」を導入すると発表した。不動産投資分野では国内初(※GA テクノロジーズ社調べ)となるオンライン完結型住宅ローン融資申込・審査手続サービスで、業務時間を最大66.2%削減。住宅ローン審査プロセスを関係者間で“見える化”することで不正を防止し、透明性を高める同日までに使用許諾契約の締結が完了し、2019年12月末を目途に導入予定。

MortgageGateway(モーゲージゲートウェイ)

モーゲージゲートウェイは、作業の効率化や手続きの透明化を目的としたプラットフォームサービス。従来の物件購入時のローン審査で必要だった膨大な書類記入などのアナログなフローを完全オンライン化で完結。審査や手続きなどをクラウド化することで、リアルタイムな審査状況を関係者間で共有することができる。また、金融機関側で審査プロセスのログ記録が可能なため、改ざんなどがないか定期的に確認することも可能。

導入した場合、GLM、金融機関、ユーザーにはそれぞれ下記メリットがある。

モーゲージゲートウェイ導入によるGLMのメリット

  1. 顧客のローン申込みにかかる時間を最大98%(GAテクノロジーズ調べ)削減し、工数削減が可能
  2. 顧客の希望物件が変わっても数クリックで再申込みが可能
  3. 基盤システムとAPI連携し、書類の準備等の業務が不要
  4. 金融機関との電話やFAX、メールでのやりとりがなくなることで、より顧客満足のための業務に集中できる
モーゲージゲートウェイ導入によるメリット

モーゲージゲートウェイ導入による金融機関側のメリット

  1. 紙の管理やデータ入力が不要
  2. 審査結果をモーゲージゲートウェイへ連携することで、不動産会社とのやりとりを自動化
  3. 全ての作業とやりとりをデジタルで記録し、より公正で透明性のある融資審査業務を実現

モーゲージゲートウェイ導入によるユーザー側のメリット

  1. 紙に比べ楽に申込みでき、複数物件を申込む場合も手間を軽減
  2. 不動産会社や金融機関による改変リスクが低く、安心してローン審査の申込みが可能
  3. WEB上で完結でき、いつでもどこでも情報を登録・参照できる
  4. 返済シミュレーションなど、さまざまな情報を受け取れる

金大仲・GLM社長は「システムの導入でユーザー利便性の向上はもちろん、当社や金融機関の工数やコストを大幅に削減でき、透明性の高い取引が可能になる。今後もITを積極活用することで、当社ビジネスに関わるすべての人々の利便性を最大化し、不動産を通じてお客様の“真の豊かさ”に貢献できるよう取り組んでいく」とコメントした。

GLM 代表・金 大仲氏、GA テクノロジーズ社代表・樋口 龍 氏

左からGLM 代表・金 大仲氏、GA テクノロジーズ社代表・樋口 龍 氏

【関連サイト】グローバル・リンク・マネジメントのセミナー情報
【関連ページ】グローバル・リンク・マネジメントの評判・口コミ

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」