20代~70代の約25%が金融資産の50%を投資・運用も、約30%は貯蓄が100%。二極化広がる

金融商品仲介業者の株式会社Fanは5月25日、「金融資産に関する実態調査」の結果を発表した。全国の20代~70代の男女 2047人を対象に今年3月15日~4月12日にインターネットで実施したもので、それによると、金融資産の保有状況は合計額300万円以下が約25%、1000万円以上が約30%。約30%が金融資産の100%を貯蓄に回している一方、約25%が金融資産の50%を「投資・資産運用」に回していると回答。金融資産の二極化をうかがわせた。

回答数の上位3位は、貯蓄の目的では「老後資金」「将来に備えて」「不測の事態に備えて」となり、加入している貯蓄型保険は「個人年金保険」「生命保険」「外貨建て保険」、投資・資産運用の方法では「投資信託」「株式投資」「つみたてNISA」だった。

投資・資産運用の方法

回答者の属性は、「配偶者・子どもと同居」が40.9%、「配偶者と同居」が17.6%で、既婚者が過半数。育児、自分たちの老後の計画は必須だ。

「将来のための貯蓄の必要性が高まったタイミング」を訊くと、「将来に不安を感じた」が60.7%と最多、「子供の進学・教育資金」が19.9%、「結婚」14.6%が続く。「将来の貯蓄型保険の必要性が高まったタイミング」も同じ順位だ。

調査では、有効回答者の25%が金融資産の50%以上を投資・資産運用に回し、うち45%が金融資産の80%以上を貯蓄に回していた。二極化が広がっているが、貯蓄、貯蓄型保険、投資・資産運用の目的は、共通して「老後のため」が最も多く挙げられている。

また、投資・資産運用の関心が高まったタイミングとして2番目に多く挙げられたのは「マネーセミナー」への参加だった。「家族や友人から影響を受けた」は3位で、6ポイント以上の差がついた。同社は「貯蓄から投資・資産運用へのシフトを考えている人は、マネーセミナーへの参加が一つのきっかけになるかもしれない」と考察している。

一方、マネープランを相談したくない理由として、最も多い回答は「自分で調べて決断したい」、2位に「必要資金を持っていない」、3位に「自分に合っていない商品を勧誘されそう」がランクイン。

同社は「投資においては『自分で調べて決断したい』というニーズが高まっている。今後は投資にあたって他者への相談を必要としない金融セミナーや、AIを活用した投資助言サービスの利用が広がっていくと推測している。相談料は6割以上が「無料」と回答、無料相談のニーズが高い。

【関連サイト】Fanの投資信託セミナー
【関連記事】Fanの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」