CREALの「文京区湯島1棟レジデンス(仮称)」開発ファンド、募集4日で募集金額の98%の申し込み

クリアル株式会社(旧社名:株式会社ブリッジ・シー・キャピタル)が不動産投資クラウドファンディング(CF)サービス「CREAL(クリアル)」で3月11日に投資申し込みの募集を開始した第40号「(仮称)文京区湯島1棟レジデンス」は、募集金額5億5670万円に対し、15日までに5億4676万円(達成率98%)の申し込みがあった。想定利回りは年利5.0%(インカムゲイン相当0.8%、キャピタルゲイン相当4.2%)で想定運用期間は2021年4月1日 ~22年9月30日の約18ヶ月。最小投資金額は1万円。

同ファンドは、東京都文京区湯島の土地を取得、レジデンス開発を行う。投資対象物件は東京メトロ千代田線「湯島」駅徒歩1分と利便性の高い立地に所在し、JR線と複数路線へのアクセスが可能な立地。1戸あたり約30㎡で、収納場所を多数設け、 浴室を一般的なワンルームより大きいサイズとすることにより、快適性を向上させている。またリビングまでの廊下や洗面所の床にタイルを敷き詰め、高級感を演出している。

開発プロジェクトであり、開発リスクがあることの見合いとして、売却時の利益(キャピタルゲイン)の一部を分配することによりリターンを高めるよう設計された商品。なお、想定運用期間は18ヶ月に設定しているが、売却候補先と3月4日付で不動産売買契約を締結しており、竣工時(22年3月予定)の売却実行による早期償還の可能性がある。その場合、期中の配当は行わず、売却時に想定利回りの年利5.0%相当額を一括配当する。

【関連サイト】CREAL
【関連記事】CREALの評判・口コミ
【関連記事】CREALとは

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」