DMM.com証券、「DMM株」で米国株式の取扱銘柄を追加。「DMMFX株券担保サービス」もスタート

株式会社DMM.com証券は、株式オンライントレード「DMM株」で3月17日の現地約定分から、米国株式の取扱銘柄を19銘柄(普通株式15銘柄、 米国ETF3銘柄、 ADR1銘柄)を追加する。

追加銘柄は、普通株式が「エアビーアンドビー」「アファームホールデイングス」「C3 ai」「ドアダッシュ」「ドリブンブランズホールデイングス」「ホートンミフリンハーコート」「ルミナーテクノロジーズ」「ルメンタム ホールディングス」「プレイティカホールディング」「ポッシュマーク」「ロードストーンモーターズ」「ルート」「シア」「ホステスブランズ」「コンテクストロジック」。米国ETFは「ヴァンエックベクトル金鉱株 ETF」「Direxion デイリーテクノロジー株ブル3倍ETF」「バンガード米国グロースETF」。ADRでは、シンガポールのインターネット企業「シー」。

DMM株では2019年12月から取引手数料を無料に変更しており、売買の際の取引手数料はかからない。パソコンのほか、スマホアプリでも米国株式の取引が可能。スマホアプリでの米国株式取引に対応している証券会社は少なく、同社は「手軽に株価の確認や発注をしたい人に大きなメリット」とアピールしている。また、2020年4月から米国株式を信用取引の担保(代用有価証券)として利用できるため、 長期の資産形成として保有している米国株式を、短期の資産運用である信用取引に利用することができるのも特徴。 さらに、米国株式取引はサービス用の口座を開設するだけで利用可能、 口座開設手続きはインターネット上で完結する。

また、同社は今月8日からDMM株および「DMM FX」で「DMMFX株券担保サービス」をスタートしている。これは、DMM株の口座で保有している株式の70%相当額を「DMMFX」の証拠金として利用できるというもの。70%相当は、国内の金融商品取引所に上場されている国内株式、投資信託等(ETF、REIT)、投資証券(ETN)の前営業日の時価(終値)に70%を乗じた額、その他同社が定める割合(掛目)を乗じた額という設定とした。証拠金として利用できるため、同サービスなら「現金0円」でもFX取引を始めることができる。DMMFXではレバレッジ25倍で取引できることから、より効率的に資産を運用することが可能だ。

【関連サイト】DMM株
【関連サイト】DMM FX
【関連記事】DMM株の評判・口コミ
【関連記事】DMM FXの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

HEDGE GUIDE 編集部 FXチームは、FXに関する知識が豊富なメンバーがFXの基礎知識から取引のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」