2021.3.16 暗号資産マーケットレポート【60,000ドル突破後は大幅調整のムードに】

昨日のビットコイン相場は大幅下落。一時62,000ドルと最高値を更新していたビットコインだが、一点利食いと高値で掴んでしまった個人投資家の損切り注文が重なり急落する動きが相次いだ。

朝方には53,000ドル付近まで下落する動きにもなっており、大口のBTC入金がアメリカの暗号通貨取引所に入金があったり、先物市場では3時間で15億ドルがロスカットで清算される動きが出ており、昨日の下落に寄与した格好となった。

暗号資産市場全体もビットコインの下落に連れ安となっており、大幅下落の動きとなっている。次に考えるべきは清算後どこが底になりやすいかということであり、一旦短期的なロスカットが一定量出ているため、本日はロングポジションで淡々と攻めていき大きく利幅を取れると考えている。

昨日のニュースとしては、2021年1Qは個人投資家と機関投資家のビットコイン購入額が同等となっているデータが出ており、プロも個人もビットコインに着目している様子がうかがえる。

テクニカルでは下落基調に転換しているが、本日だけで見ると強気でロングを作っていきたい。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12