アウトバウンド不動産投資、18年下期も引き続き意欲旺盛。CBRE調査

CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)がこのほど発表した「日本発のアウトバウンド不動産投資 2018年上期」で、日本発のアウトバウンド不動産投資額は5.77億ドル(対前年比64%減)と前年を割り込んだ。日本発のアウトバウンド不動産投資は、買主が日本の投資家である海外の取引を対象とする投資で、土地取引は除く。

投資先の地域別でもっとも投資額が大きいのは3.63億ドルの米州で、投資額が同74%減少したことが全投資額減少の主因となった。一方、EMEA(欧州・中東・アフリカ)への投資額は2.14億ドルで前年同期の取引なし、その他の地域では取引は確認されなかった。

アセットタイプ別ではオフィスの投資額がもっとも多く、全体の77%を占めた。投資対象が米州とオフィスセクターに集中するという傾向は依然として続いている。

18年上期の投資額は前年同期より減少したものの、CBREは「海外不動産に対する日本の投資家の投資意欲は引き続き旺盛」とする。国内ディベロッパーによるファンド組成、間接不動産投資の体制づくりが進み、今期も海外の不動産を投資対象とするファンド組成や要因として、海外のアセットマネジメント企業の買収が発表されている。「日本の投資家にとっては、アウトバウンド投資に取組みやすい体制づくりが進んでいる」と指摘。

同期に発表された海外の不動産開発プロジェクトは事業費合計(CBRE推計)が約35億ドルとなった。不動産開発プロジェクトの90%(事業費ベース)はアジア域内が対象で、アセットタイプ別では全体の6割を住宅が占めている。

CBRE日本法人は、不動産賃貸・売買仲介サービスをはじめ、各種アドバイザリー機能やファシリティマネジメント(FM)などの18の幅広いサービスラインを全国規模で展開。前身は1970年設立の生駒商事で、日本における不動産の専門家として、全国10拠点で地域に根ざしたサービスを展開してきた。CBREグループは「フォーチュン500」や「S&P 500」にランクされ、ロサンゼルスを本拠とする世界最大の事業用不動産サービスおよび投資顧問会社(2017年の売上ベース)。投資家、オキュパイアーに対し、幅広いサービスを提供している。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」