売れない戸建物件の特徴とは?スムーズな売却への改善ポイント4つ

戸建物件の売却を予定している人の中には、少しでもスムーズに戸建物件を売却したいと考えている人も多いのではないでしょうか?

少しでもスムーズに売却するには、売れない戸建物件にどのような特徴があるかを理解し、それから改善ポイントを見つけて取り入れていくことが重要です。

この記事では、売れない戸建物件の特徴とスムーズな売却への改善ポイントについて解説します。

目次

  1. 売れない戸建物件の特徴
    1-1.売出価格が相場よりも高い
    1-2.部屋が散らかっている
    1-3.他の戸建物件よりも魅力が少ない
    1-4.募集広告がきちんと行われていない
  2. スムーズな戸建売却への4つの改善ポイント
    2-1.相場に合わせた売出価格に設定する
    2-2.内覧に備えて部屋をきれいにする
    2-3.最低売却価格を事前に決めておく
    2-4.不動産会社選びをしっかりと行う
  3. まとめ

1.売れない戸建物件の特徴

戸建住宅を売却する際は、買い替えや住み替えが控えていたり、相続手続きを早く済ませたいなどの事情から、少しでもスムーズに売却したいと考えている方も多いでしょう。

戸建住宅をスムーズに売却するには、売れない戸建住宅の特徴を理解し、それらを踏まえて対策を練って売却に臨むことが重要です。売れない戸建物件の特徴として、以下の4つが挙げられます。

  • 売出価格が相場よりも高い
  • 部屋が散らかっている
  • 他の戸建物件よりも魅力が少ない
  • 募集広告がきちんと行われていない

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

1-1.売出価格が相場よりも高い

売出価格とは、買い手を募集する際の価格です。中古の戸建住宅の購入を検討している人は手頃な価格で購入したい、費用を抑えられた分をリフォームに回したいと考えているケースが多くあります。

そのため、売出価格が周辺の戸建住宅の相場よりも高く設定されている場合は、なかなか買い手が見つかりにくいと言えるでしょう。

1-2.部屋が散らかっている

戸建住宅の購入希望者は、間取りの図面や写真を見ただけでは物件の詳細が分かりません。そのため、詳細を確認するために実際に現地を訪れて確認する内覧が行われます。

内覧時は間取りや写真通りの物件なのかを確認されます。その際に写真の印象よりも部屋が散らかっていたり、水回りが汚れていたりなどで購入希望者の印象が悪くなってしまうケースもあるでしょう。

中古物件の売却では、内覧時の第一印象で決まることもあります。出来るだけ部屋を片付けておき、汚れが目立つ箇所はきれいに掃除をしておくことが大切です。

1-3.他の戸建物件よりも魅力が少ない

同じ戸建物件でも、学校や公園、スーパーやドラッグストアが近くにあるかどうかで魅力が大きく異なります。立地条件や利便性といった点で魅力が少ない物件は、売却の際に不利になるでしょう。

1-4.募集広告がきちんと行われていない

中古物件を売却する際は、仲介を依頼する不動産会社の対応内容も売却がスムーズに行うための重要なポイントとなります。

例えば、不動産ポータルサイトに掲載されている物件の写真やコメントが少ない場合には、情報が不足し、購入希望者が興味を持ちにくいので売却に不利と言えます。

また、不動産ポータルサイトを活用せず、自社顧客のみに販促を行う不動産会社に仲介を依頼した場合も、売却にやや不利な状況となるでしょう。

2.スムーズな戸建売却への4つの改善ポイント

戸建物件をスムーズに売却するには、上記の売れない戸建物件の特徴をよく理解した上で、事前に対策を練ることが重要です。スムーズな売却への改善ポイントとして以下の4つが挙げられます。

  • 相場に合わせた売出価格に設定する
  • 内覧に備えて部屋をきれいにする
  • 最低売却価格を事前に決めておく
  • 不動産会社選びをしっかりと行う

それぞれの改善ポイントについて詳しく見ていきましょう。

2-1.相場に合わせた売出価格に設定する

不動産会社によって査定の際に重視するポイントが異なるため、全ての不動産会社の査定結果が同じになるわけではありません。

そのため、相場に合わせた売出価格を設定するには、1社だけではなく複数の不動産会社に査定を依頼するようにしましょう。複数の査定結果を比較することで、売却価格の相場をつかむことが大切です。

また、受けた査定結果を鵜呑みにするのではなく、「なぜそのような査定価格となったのか?」査定の根拠を聞くようにすることも大切です。過去の成約事例を参考にした取引事例比較法など、根拠のある査定をしている不動産会社を探しましょう。

2-2.内覧に備えて部屋をきれいにする

戸建物件の売却は不動産会社に任せておくだけではなく、売主が主体となって不動産会社と協力しながら進めて行くことが大切です。例えば、内覧時に所有者が売却に協力的な姿勢を示さない場合には、売却がスムーズに進みません。

売却を少しでもスムーズに進めるためには、内覧時に部屋を片付けておく、部屋を換気する、水回りをきれいにするなど、不動産会社では対応できない部分をしっかり対策しておきましょう。

これらの取り組みを行うだけでも、第一印象が大きく変化します。売却がスムーズに行える可能性が高まるでしょう。

2-3.最低売却価格を事前に決めておく

どうしても戸建物件の売却が進まない場合、値下げ要求に応じる選択肢もあります。しかし、最初から売出価格を低く設定した場合は買い手が見つかりやすくなる一方で、手残り金が少なくなってしまうため慎重に検討することが大切です。

不動産の売却では、仲介手数料や税金、ローンの残債などを支払うことになります。不動産の売却益からこれらの支出を支払いたい場合、最低売却価格を決めておくと良いでしょう。

また、売出価格は変更せず、値下げ要求をしてきた購入希望者に最低売却価格の範囲内で交渉に応じる、という方法も有効です。

2-4.不動産会社選びをしっかりと行う

売却をスムーズに行うのであれば、売買を得意としており、中でも戸建物件の売買が得意な不動産会社を選ぶことが売却をスムーズに進める上で必要不可欠です。

戸建物件の売買が得意な不動産会社に絞った後は、その中から募集広告に力を入れている不動産会社を選ぶと良いでしょう。

また、不動産ポータルサイトを活用している、写真やコメントが他よりも魅力的な不動産会社を選べば、より売却をスムーズに進めることが期待できるでしょう。

不動産一括査定サイトを活用する

戸建の売却を依頼する不動産会社を探すのであれば、不動産一括査定サイトの活用を検討してみましょう。不動産一括査定サイトとは、物件情報を登録するだけで、複数の不動産会社から査定を受けられるサービスのことです。

1社ずつ問い合わせる手間を省けるため、効率的に査定結果を受け取れるうえ、複数の不動産会社の査定結果、査定理由、営業マンの対応内容などを比較することが出来ます。

下記の表は主な不動産一括査定サイトです。サイトによって登録されている不動産会社は異なるため、より多くの不動産会社にアプローチしたい場合には複数サイトに登録すると良いでしょう。

サイト名 運営会社 特徴
リガイド(RE-Guide) 株式会社ウェイブダッシュ 14年目の老舗サイト。登録会社数700社、最大10社から査定を受け取れる。収益物件情報を掲載する姉妹サイトも運営、他サイトと比べて投資用マンションや投資用アパートの売却に強みあり
すまいValue 不動産仲介大手6社による共同運営 査定は業界をリードする6社のみ。全国870店舗。利用者の96.7%が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と回答
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス 株式会社LIFULL 全国1600社以上の不動産会社に依頼できる。匿名での依頼も可能

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

まとめ

戸建物件を少しでもスムーズに売却したい場合には、売れない戸建物件の特徴を把握して、対策を練ってから売却に臨むことが重要です。

この記事には、売れない戸建物件の特徴とそれらの特徴を踏まえた上での改善ポイントをまとめています。

戸建物件の売却がうまくいかない時は、原因がどこにあるのかを調べ、適切な対処をすることが大切です。この記事に書かれているポイントが、スムーズな戸建売却の参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。