不動産の売却前にリフォームすべき箇所はどこ?査定に関わるポイント3つ

不動産会社に家の査定を依頼した場合、室内のきれいさや設備の新しさなども査定結果に反映されるため、適切なリフォームを行うことは有効な手段です。

しかし、リフォームには大きな費用が発生する場合もあり、必要なポイントに絞って行うことが重要になります。

そこでこの記事では、不動産の売却前にリフォームすべき箇所はどこなのか、事前にチェックしておきたいポイントを解説します。不動産の売却前にリフォームを検討している方はご参考下さい。

目次

  1. 不動産の売却前にリフォームすべき?
  2. 事前にチェックしておきたいポイント3つ
    2-1.古い設備を新しい設備に交換する
    2-2.ふすまや畳、クロスを交換する
    2-3.キッチンや浴室などの水回りを交換する
  3. リフォームにかかる費用の目安
  4. まとめ

1.不動産の売却前にリフォームすべき?

築年数が経過していて老朽化が進んだ物件は、築年数が浅い不動産と比較して査定結果が低くなる傾向にあります。

リフォームの有無を比べると、広告を見た時や内覧をした時の購入希望者に与える印象が大幅に良くなります。そのため、契約成立までがスムーズ、売却価格が相場よりも上昇する可能性が高まるでしょう。

しかし、リフォームの費用をかけすぎてしまうと物件価格の上昇幅よりも費用が高くなってしまうケースがあります。不動産売却を目的としたリフォームでは、最小限の費用で必要なポイントにのみ適切なリフォームを行うことが重要です。

例えば、3,000万円の不動産に200万円のリフォームを行って3,300万円で売却できれば、100万円の利益が手に入ります。しかし、本来3,000万円で手に入る不動産が3,300万円に値上がりすると、予算が合わないという理由で購入希望者が減る可能性があります。

結果的に3,300万円で売れず、元の3,000万円で契約が成立した場合には、200万円の損が生じることになるので注意が必要です。これらを踏まえると、リフォームはなるべく費用をかけすぎないようにすることが重要と言えます。

2.事前にチェックしておきたいポイント3つ

不動産の売却前にリフォームを行うことによって、好条件で不動産を売却できる可能性が高まりますが、必ず好条件で不動産を売却できるというわけではありません。

リフォームを行うということはその分の費用が増えるため、無駄な支出を増やさないためにポイントを絞って取り組むことが重要です。

不動産の売却前にリフォームすべき箇所として以下の3つが挙げられます。

  • 古い設備を新しい設備に交換する
  • ふすまや畳、クロスを交換する
  • キッチンや浴室などの水回りを交換する

それぞれの箇所について詳しく見ていきましょう。

2-1.古い設備を新しい設備に交換する

築年数が経過した不動産の場合、新しい住居には設置されているのが当たり前の設備でも設置されていないケースがあります。

例えば、玄関に設置されているのが音しか鳴らない呼び鈴だった場合は、セキュリティ面で優れているとは言えません。現在は会話ができるインターフォンや誰が来たのかを映像で確認できるテレビドアフォンが一般的です。

設備が揃っていない場合には、物件の持つ「古い」という印象を強調することになります。少しでも物件の印象を良くして好条件での売却につなげるためにも、古い設備を新しい設備に交換しておいた方が良いと言えるでしょう。

2-2.ふすまや畳、クロスを交換する

ふすまや畳、クロスなどは、日焼けによる色の変化やたばこのヤニの付着といった汚れなど、経年劣化による古さや売り手の生活感が表れやすいと言えます。

特にたばこのヤニが付着している場合は、たばこを吸わない人や小さな子供連れの家族の印象が悪く、契約成立に至らない、値下げを要求される可能性が高いので注意が必要です。

そこで少しでも好条件で不動産を売却するために、ふすまや畳、クロスを交換するといった対策が挙げられます。

購入前に売り手が行ってくれていれば、購入後に快適な状況で居住を開始できるため、購入希望者の印象を良くすることができるでしょう。

2-3.キッチンや浴室などの水回りを交換する

内覧時に特に重視されるのが水回りです。キッチンや浴室が汚れている、傷んでいる場合は印象が大幅に悪くなるので注意が必要です。

しかし、キッチンや浴室などの水回りのリフォームは、ふすまや畳、クロスの交換と比べて費用がかかります。そのため、キッチンや浴室などの水回りを交換する場合は、ポイントを絞って行うことが重要です。

例えば、鏡を新しいものに取り換える、カランを新しいものに変更する、シャワーホースを新しいものに取り換えるなどのリフォームは費用を抑えながら手軽に行うことができます。

このような対策であれば、費用を押さえつつ内覧時に与える印象は大幅に異なるため、費用以上の効果が期待できる可能性が高いと言えます。

費用をかけて行っても、不動産を好条件で売却できるとは限りません。そのため、部分的なリフォームから行った方が良いと言えるでしょう。

3.リフォームにかかる費用の目安

リフォームには様々な項目がありますが、それぞれの項目にはどの程度の費用がかかるのでしょうか?主なリフォーム項目にかかる費用の目安は以下の通りです。

  • キッチン:100万円程度
  • お風呂:100万円程度
  • トイレ:30万円程度
  • 洗面化粧台:20万円程度
  • フローリング:40万円程度

リフォームする家の大きさや交換する設備のグレードによって大きく価格が変動するため、これらの費用はあくまでも目安となります。全体的なリフォームの範囲やグレードを上げる場合、目安よりも費用が多くなる可能性が高いので注意が必要です。

また、不動産売却の相場を確認せずに自己判断でリフォームを行った場合、リフォーム費用が無駄になる可能性もあります。

リフォーム前には、不動産の専門家である不動産会社に相談してから行うと良いでしょう。

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

まとめ

不動産の売却前にリフォームをした場合、購入希望者が広告を見た時や内覧を行った時の印象を大幅に良くする効果が期待できます。

しかし、売却前にリフォームした場合でも不動産を必ず好条件で売却できるとは限らないため、必要なポイントに絞って修繕を行うことが大切です。

中古不動産を購入する買主には「購入後に好きなようにリフォームしたい」というニーズを持った方も多くいます。自己判断でリフォームを実施せず、不動産売却に特化した不動産会社に相談してから行うと良いでしょう。

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。