不動産一括査定サイトで個人情報が必要な理由は?匿名査定との比較も

不動産の一括査定依頼を申し込む際、「個人情報を入れたら宣伝が来てしまう」「個人情報を入力する必要はある?」と考え、不安に感じる方も少なくないのではないでしょうか。

本記事では、不動産査定の種類と匿名査定と机上査定の比較、不動産一括査定サイトで個人情報が必要な2つの理由について解説していきます。

目次

  1. 不動産査定の種類
    1-1.匿名査定
    1-2.机上(簡易)査定
    1-3.訪問(詳細)査定
  2. 不動産一括査定サイトで個人情報が必要な理由
    2-1.得られる物件情報が多くなるため、より相場に近い査定額が算出できる
    2-2.個人の事情を把握し、顧客に応じた提案ができる
  3. 不動産一括査定サイト、利用時の注意点
  4. まとめ

1.不動産査定の種類

不動産を売却する際の査定は主に以下の3種類があります。

  • 匿名査定
  • 簡易(机上)査定
  • 訪問査定

1-1.匿名査定

住所・氏名など申込者の個人情報を入れずに不動産を査定できる方法です。物件の情報は入力する必要があり、種別(マンション・戸建てなど)、所在地のエリアなどを専用フォームで送信します。

査定サイトによって、不動産会社に情報を送り査定額を提示してもらう方法と、ビックデータを利用してAIが価格を査定する方法があります。

査定サービスによってかかる時間が異なり、AIを利用した方法では数分で査定が出来ますが、不動産会社に依頼する場合には数日時間を要します。

1-2.机上(簡易)査定

机上(簡易)査定は、不動産会社に氏名・住所などの基本情報を開示して不動産会社に査定を依頼する方法です。

不動産一括査定サイトを利用する場合には、複数の会社の机上(簡易)査定の結果が送られてきます。

立地・築年数・面積・近隣の取引価格などを参考に物件を見学せずに査定する方法で、数日~1週間程度の時間がかかります。基本的に無料で受けられ、複数の不動産会社に依頼し査定額を比較する事で売却価格の相場を把握する事ができます。

1-3.訪問(詳細)査定

訪問査定は、不動産会社の担当者が実際に物件を見学し、細かい条件や周辺環境を確認します。申込者にとっては、初めて不動産会社の担当者と直接顔を合わせる機会となります。

なお、いきなり訪問査定を依頼することは稀で、多くの場合は机上査定を依頼した不動産会社の中から2、3社に絞り訪問査定を依頼します。

訪問査定では、机上査定では分からない物件の状態の確認となります。例えば、申込者から報告のない雨漏りやシロアリ被害などがある場合には価格に影響を及ぼしますが、机上査定の物件情報とおおよそ合致している場合には机上査定の価格とあまり変わらないケースも少なくありません。

匿名査定と机上査定の違い

匿名査定と机上査定は共に物件を見学せずに行う査定方法ですが、2つの査定方法には大きな違いがあります。

匿名査定では不動産会社に申込者の情報を知られることが無い一方、机上査定では個人情報を通知するため自宅にDMが届くなどセールスが行われる事があります。

ただし、匿名査定でもメールアドレスは入力するため、利用するサービスの規約によっては宣伝メールが届く可能性がある点に注意が必要です。

また、多くの匿名査定では主に物件情報とエリアの相場価格を元に査定額を算出します。一方、机上査定では不動産会社の担当者は個人情報が記載された登記簿謄本や固定資産税の評価額などを確認し、物件の詳細な条件を反映した査定を行ってもらう事が出来ます。

また、不動産の売却価格には売主の売却スケジュールも大きな影響を及ぼします。コミュニケーションが取れない匿名査定では、このような詳細な情報の確認が難しいため、おおよその不動産相場を確認する場合に適した方法と言えます。

【関連記事】個人情報の提供は不要!匿名で不動産査定ができるサイト5選

2.不動産一括査定サイトで個人情報が必要な理由

不動産一括査定サイトで個人情報が必要な理由について確認していきましょう。主には、下記の2つが理由となります。

  • 得られる物件情報が多くなるため、より相場に近い査定額が算出できる
  • 個人の事情を把握し、顧客に応じた提案ができる

2-1.得られる物件情報が多くなるため、より相場に近い査定額が算出できる

匿名査定では物件の大体のエリアは分かりますが、所在地を正確に把握する事ができません。登記簿謄本などの書類は正確な所在地が開示されていないと閲覧できないため、査定の精度が大きく低下することになります。

一方、机上査定ではより多くの不動産情報と売主の事情を加味したうえで査定を行うことができるため、より相場に近い査定額が分かるようになります

また、不動産は同じエリアでも、「川に近い」「幹線道路に近い」「駅まで○分」など細かい条件で価額が異なるため、査定において正確な場所を把握する事は重要となります。

2-2.個人の事情を把握し、顧客に応じた提案ができる

不動産一括査定サイトでは、個人情報の他に売却理由や売却価格の希望、売却時期について回答するものもあります。

このような売主それぞれの事情を加味し、不動産会社では個人の希望する売却時期や理由によっては、他の売却方法を提案する不動産会社も少なくありません。

例えば、転勤により売却を急いでいる方には不動産会社が物件を買い取る買取提案を行うことで、仲介時に約3~5ヶ月かかる所を約1~2ヶ月で売却できます。(ただし、売却価格は仲介相場より2~3割程度下がる傾向があります。)

その他、「経済的に厳しくローンを滞納している」といった売却理由の場合、「任意売却」という方法を勧めるケースもあります。不動産会社が売却に関する事情を把握する事で、顧客のニーズに応じた提案ができるようになるケースがあります。

3.不動産一括査定サイト、利用時の注意点

無料で利用できる不動産一括査定サイトは、不動産査定を1社ずつ問い合わせる手間を省ける便利なサービスです。しかし、中には個人情報の二次利用を目的としたり、不動産会社の選定を行わず、悪質な業者と提携している査定サイトも存在しています。

不動産一括査定サイトを利用する際は、運営元を確認したり、提携している不動産会社の選定がしっかり行われているか、確認することが大切です。

下記、運営会社が大手であったり、不動産会社の選定を行っている不動産一括査定サイトの一覧です。個人情報の取り扱いが気になる方は、利用を検討してみると良いでしょう。

主な不動産一括査定サイト

サイト名 運営会社 特徴
すまいValue 不動産仲介大手6社による共同運営 査定は業界をリードする6社のみ。全国900店舗。利用者の96.7%が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と回答
リガイド(RE-Guide) 株式会社ウェイブダッシュ 15年目の老舗サイト。登録会社数800社、最大10社から査定を受け取れる。収益物件情報を掲載する姉妹サイトも運営、他サイトと比べて投資用マンションや投資用アパートの売却に強みあり
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス 株式会社LIFULL 全国3100社以上の不動産会社に依頼できる。匿名での依頼も可能
HOME4U 株式会社NTTデータ スマートソーシング 全国1800社から6社まで依頼可能。独自審査で悪徳会社を排除
イエウール 株式会社Speee 全国1600社以上、悪徳企業は運営企業が排除。最大6社に無料で不動産の一括査定

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

まとめ

不動産の一括査定サイトでは、物件の情報を多く集める、個人に沿った提案を行うなどの理由により個人情報を入力することになります。

査定サイトによっては「匿名査定」で名前や住所などを知らせずに査定を依頼する事もできますが、個人情報の無い査定だと精度が下がってしまう点に注意が必要です。おおよその相場を知りたい時などに、利用検討してみると良いでしょう。

なお、不動産一括査定サイトの数は多く、個人情報の二次利用や提携先の不動産会社の審査を行っていないサイトも存在しています。登録時にはこのようなサイトの利用を避け、運営会社や提携している不動産会社の情報も確認しておきましょう。

The following two tabs change content below.
田中 あさみ

田中 あさみ

経済学部在学中に2級FP技能士(AFP)の資格を取得。ライターとして不動産投資を含む投資や年金・保険・税金等の記事を執筆しています。医療系の勤務経験がありますので、医療×金融・投資も強みです。HEDGE GUIDEでは不動産投資を始め、投資分野等を分かりやすくお伝えできるよう日々努めてまいります。