不動産一括査定サイト、査定連絡がこない時の原因は?チェックポイント3つ

不動産売却を行う場合に、複数の不動産会社に査定を依頼できるという点で便利な不動産一括査定サイトを利用する人も多いと思います。

不動産一括査定サイトを使って査定の依頼を行ったにもかかわらず、査定連絡がこなくて困っている人もいるのではないでしょうか?

この記事では、不動産一括査定サイトで査定連絡が来ない時のチェックポイントについて解説します。

目次

  1. 不動産一括査定サイトとは
  2. 不動産会社から査定連絡がこない場合の3つのチェックポイント
    2-1.電話番号の入力を誤っている
    2-2.メールアドレスの入力を誤っている
    2-3.不動産会社の繁忙期で査定に対応できない
  3. 不動産会社から査定連絡がこない場合の対策
    3-1.電話番号に誤りがないか確認する
    3-2.メールアドレスに誤りがないか確認する
    3-3.複数の不動産一括査定サイトに登録する
  4. まとめ

1.不動産一括査定サイトとは

不動産一括査定サイトは、売却を予定している物件の情報を一度入力すると複数の不動産会社による査定を受けることができるサービスです。

不動産を売却する際は、いくらで売れるか、売出価格をいくらに設定するかを決めるために不動産会社に査定を依頼します。

しかし、不動産会社は多数あるため、どの不動産会社に査定を依頼すればいいか分からない、査定を依頼した不動産会社によって査定結果が異なる等の問題があります。その問題を解決してくれるのが不動産一括査定サイトです。

不動産一括査定サイトは、物件の情報を入力すると査定可能な不動産会社が表示され、その中から査定を依頼したい不動産会社を選べば、一度に複数の不動産会社に査定を依頼できます。

このように、不動産一括査定サイトを利用することには効率良く依頼先の不動産会社を探したり、手間なく複数の不動産の査定を比較できるメリットがあります。

2.不動産会社から査定連絡がこない場合の3つのチェックポイント

不動産一括査定サイトを使って査定を依頼した場合には、査定を依頼した不動産会社から電話やメールで査定結果の通知が行われます。

現地確認を行わない簡易査定(机上査定)を依頼しても査定結果の連絡がない、現地確認を行う訪問査定を依頼しても日程調整の連絡がない場合があります。

なぜ、査定を依頼しても連絡がこないのでしょうか?連絡がこない場合には以下の3つのポイントをチェックします。

  • 電話番号の入力を誤っている
  • メールアドレスの入力を誤っている
  • 不動産会社の繁忙期で査定に対応できない

それぞれのチェックポイントについて詳しく見ていきましょう。

2-1.電話番号の入力を誤っている

不動産一括査定サイトで査定を依頼する場合は、物件の情報だけでなく不動産会社からの連絡を受けるために必要な連絡先の入力も行います。

電話番号を誤って入力した場合、不動産会社は査定結果や訪問日程の調整のために連絡を取ろうとしても連絡を取ることができません。

また、電話番号の入力が合っていても、固定電話やスマホが登録されている電話番号以外の着信を拒否する設定になっていても、不動産会社からの連絡を受けることができません。

2-2.メールアドレスの入力を誤っている

電話番号の入力のケースと同様に、メールアドレスを誤って入力した場合は、不動産会社は査定結果や訪問日程の調整のために連絡を取ろうとしても連絡を取ることができません。

また、メールアドレスの入力が合っていても、登録されているメール以外の受信を拒否する設定になっていても、不動産会社からの連絡を受けることができません。

他にも、メールが届いていても迷惑メールフォルダに届いている可能性があるなど、様々な要因が考えられます。

2-3.不動産会社の繁忙期で査定に対応できない

上記2つの理由は依頼者側のミスによるものですが、不動産会社側の理由で連絡がこないケースもあります。例えば、不動産会社が繁忙期で査定に対応できないケースです。

不動産会社には不動産売却以外に賃貸管理を手掛ける不動産会社もあります。そのような不動産会社に査定を依頼した場合、繁忙期になると店舗に訪れた人たちの対応に追われて、査定や連絡に対応できない可能性があります。

3.不動産会社から査定連絡がこない場合の対策

不動産一括査定で不動産会社から連絡がこない場合のチェックポイントは分かりましたが、連絡がこない場合にはどのように対応すればいいのでしょうか?

不動産会社から連絡が来ない場合の対策として以下の3つが挙げられます。

  • 電話番号に誤りがないか確認する
  • メールアドレスに誤りがないか確認する
  • 複数の不動産会社に査定を依頼する

それぞれの対策について詳しく見ていきましょう。

3-1.電話番号に誤りがないか確認する

2~3日待っても査定を依頼した不動産会社から連絡がない場合は番号の入力を誤っている、着信拒否の設定になっている可能性があります。

まずは着信拒否の設定になっていないかを確認し、着信拒否の設定になっていない場合は電話番号の誤りの可能性が高いため、再度一括査定サイトで査定を依頼します。

再度入力する際は、入力した番号に誤りがないかしっかとり確認する、自宅の番号と携帯の番号の両方を入力する欄がある場合は両方を入力すれば、いずれかの方法で連絡を取れるでしょう。

3-2.メールアドレスに誤りがないか確認する

2~3日待っても査定を依頼した不動産会社から連絡がない場合はメールアドレスの入力を誤っている、受信拒否の設定になっている、迷惑メールフォルダに分類されている可能性があります。

まずは受信拒否の設定になっていないか、迷惑メールフォルダに振り分けられていないか確認し、異なる場合にはメールアドレスの誤りの可能性が高いため、再度一括査定サイトで査定を依頼します。

再度入力する際は、入力したメールアドレスに誤りがないかしっかり確認しましょう。

3-3.複数の不動産一括査定サイトに登録する

不動産会社側の理由で連絡がこないケースの対策として挙げられるのが、複数の不動産一括査定サイトに登録するという方法です。不動産一括査定サイトによっては提携している不動産会社の社数が少なかったり、対応できるエリアが限られている等のために、査定結果が送られてこない可能性があります。

このような場合には査定を依頼する不動産会社の数を増やし、スムーズな対応をしてくれる不動産会社を探すことが大切です。不動産一括査定サイトによって提携している不動産会社や得意とする物件エリア・タイプは異なるため、一つのサイトにこだわらずに複数のサイトに登録してみましょう。

主な不動産一括査定サイト

サイト名 運営会社 特徴
リガイド(RE-Guide) 株式会社ウェイブダッシュ 14年目の老舗サイト。登録会社数700社、最大10社から査定を受け取れる。収益物件情報を掲載する姉妹サイトも運営、他サイトと比べて投資用マンションや投資用アパートの売却に強みあり
すまいValue 不動産仲介大手6社による共同運営 査定は業界をリードする6社のみ。全国870店舗。利用者の96.7%が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と回答
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス 株式会社LIFULL 全国1600社以上の不動産会社に依頼できる。

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

まとめ

不動産一括査定サイトは、複数の不動産会社に査定を依頼できるため、不動産会社を探す、複数の不動産会社に査定を依頼する時間と手間を省くことが可能です。

しかし、不動産一括査定サイトを使って査定を依頼したにもかかわらず、査定結果の通知が届かない場合があります。

査定結果の通知が届かない原因には、電話番号やメールアドレスの入力ミス、不動産会社側の何らかの事情で対応できていないなどが挙げられます。

もし、しばらく待ってみても不動産会社から査定結果の連絡がこない場合には、この記事に書かれている対策を参考に対応してみましょう。

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。