不動産売却に必須!一括査定サービス各社の特徴を紹介&おすすめは?

不動産の売却では、「少しでも早く・高く売却したい」と考えている方が多いと思います。それを実現するには、複数の不動産会社に査定を依頼する必要がありますが、1社ずつ依頼するのでは時間や手間がかかるので効率的とは言えません。そのため、一括査定サービスの利用を検討するケースが多くなりますが、各サービスにはどんな違いがあるのでしょうか?

そこで今回は、各一括査定サービスの特徴や、どの一括査定サービスがおすすめなのかを解説します。

目次

  1. 一括査定サービスとは
  2. 一括査定サービスを提供している主な会社と特徴
    2-1.HOME4U
    2-2.すまいValue
    2-3.LIFULL HOME’S
    2-4.Re Guideリガイド
    2-5.イエウール

  3. 複数の一括査定サービスを組み合わせる
  4. まとめ

1 一括査定サービスとは

一括査定サービスとは、売却予定の不動産情報を一度入力するだけで複数の不動産会社の査定を一括で受けられるサービスのことです。自分で複数の不動産会社に査定を依頼する場合は、毎回不動産会社に足を運ぶ、または何度も同じ物件情報を提供しなければならないため、時間と手間がかかります。

一方、一括査定サービスはインターネット上で物件情報を一度入力するだけなので、効率良く複数の不動産会社から無料で査定を受けられます。複数の不動産会社の査定結果を比較しながら売却を依頼する不動産会社を選べるため、自分に合った不動産会社をより見つけやすいと言えます。

一括査定サービスは各サービスによって登録している不動産会社が異なるなど、それぞれ特徴が違ってきます。一括査定サービスはどんな会社が提供しているのか、またそれぞれのサービスの特徴を事前に把握しておくことが重要と言えるでしょう。

2 一括査定サービスを提供している主な会社と特徴

一括査定サービスは、それぞれ提携している不動産会社の数が異なるだけでなく、サービスにも違いがあるので、その情報をもとにしっかりと選ぶことが重要です。主な一括査定サービスは以下の8つです。

  1. HOME4U
  2. すまいValue
  3. LIFULL HOME’S
  4. マンションナビ
  5. イエウール
  6. イエイ
  7. Re Guideリガイド
  8. リビンマッチ

それぞれの会社の特徴について詳しく見ていきましょう。

2-1 HOME4U

HOME4Uは、全国の不動産売却に対応しており、提携している不動産会社の数は1,300社以上となっています。2001年に運用を開始している業界最古の一括査定サービスで、売却査定数35万件以上という実績豊富な点が大きな特徴です。

HOME4Uを運営しているのは、NTTデータスマートソーシングというNTTグループの会社です。「一括査定サービスを利用する際に個人情報を入力するのが不安」と感じている方でも、プライバシーマークを取得して個人情報保護に力を入れているので安心して利用できるでしょう。

2-2 すまいValue

2つ目はすまいValueです。一括査定サービスは大手不動産会社よりも地方の不動産会社と提携するケースが多いのですが、すまいValueは大手不動産会社6社に絞って査定を受けられるのが大きな特徴です。提携している不動産会社は以下の6社です。

  • 小田急不動産
  • 三菱地所ハウスネット
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村不動産アーバンネット
  • 三井不動産リアルティ

東急リバブルなどテレビCMも放送している会社も複数あり、一度は聞いたことがあるような不動産会社ばかりが並びます。抱えている顧客数が多い不動産会社と提携しているため、売却までスムーズに進む可能性が高い一括査定サービスと言えるでしょう。

2-3 LIFULL HOME’S

LIFULL HOME’Sは、不動産の売却・賃貸情報などを幅広く手がけている日本最大級の不動産ポータルサイトの1つです。「ホームズ君」というキャラクターが登場するテレビCMも人気で、提携している不動産会社の数が1,700社以上と多いことが大きな特徴です。

一括査定サービスでは、不動産の査定を一括で受けられるものの、どのような不動産会社に依頼しているのか分かりにくいのが欠点と言えます。しかし、LIFULL HOME’Sでは依頼する不動産会社の特徴や強み、担当者の顔写真や一言などが掲載されているため、より自分に合う不動産会社を選びやすいと言えるでしょう。

2-4 RE Guide(リガイド)

リガイドは会社の名称を変更する前からの実績を考慮すると、一括査定サービス会社の中では老舗に分類されます。提携している不動産会社の数は600社と少ないですが、一度に査定結果を出せるのが10社と多く、効率良く結果を比較できるのが大きな特徴です。

一括査定サービスを利用する際は情報入力に手間がかかるのが1つのデメリットですが、リガイドはYahooやFacebookの情報を引き継げるようになっています。無駄な入力を省けるため、上記に登録している方は速やかに査定を進められるでしょう。

2-5 イエウール

イエウールは1,700社以上もの不動産会社と提携しているため、より自分に合った不動産会社を見つけやすい環境が整っています。また、イエウールの一括査定の利用者数は1,000万人以上と多くの方が利用しているので、安心して利用できるのが大きな特徴です。

提携不動産会社が多いと、地方の不動産会社でも速やかに査定を受けられるメリットがある一方、質の悪い不動産会社が紛れ込むというデメリットがあります。しかし、イエウールはクレームが多い不動産会社をイエウール側から提携を解除できるようになっているため、利用者が安心して査定を依頼できる環境が整っています。

3 複数の一括査定サービスを組み合わせる

一括査定サービスを選ぶ際は、売却を予定している不動産に合ったものを選ぶことが重要です。

例えば、大手不動産会社の査定が受けられるすまいValueは、東京や神奈川・埼玉・千葉・大阪などの人口が多い都市には適しています。しかし、人口が少ない都市には適していると言えません。人口の少ない都市などの場合は、HOME4Uなどの大手だけでなく地域密着の不動産会社と提携している会社を選ぶことをおすすめします。

また、いくら人口の多い場所の不動産でも、大手不動産会社よりも地域密着の不動産会社の査定結果が良い、スムーズに売買契約を成立させる可能性もあります。一括査定サービスを利用する際は、1社だけに依頼するのではなくすまいValueとHOME4Uを組み合わせることも1つの選択肢と言えるでしょう。

4 まとめ

所有している不動産を少しでも早く・高く不動産を売却したいという希望を満たすには、複数の不動産会社の査定結果などを比較する必要があります。そこで、一度売却を検討している不動産情報を入力するだけで複数の不動産会社から査定を一括で受けられる一括査定サービスが活躍します。

一括査定サービスと一口に言っても、数多くの会社が手がけているため、それぞれの特徴を確認して自分に合ったサービスを選ぶことが重要です。また複数の一括査定サービスを組み合わせるなどでそれぞれの不足する部分を補うようにすれば、より自分に合う不動産会社を選びやすくなるでしょう。

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。