駐車場の売却で利用できる不動産一括査定サイトは?厳選4社を比較して紹介

駐車場経営は初期費用を抑えて始められるのが特徴の不動産投資方法です。しかし、生活や経済状況の変化により、駐車場を手放したいというケースもあるでしょう。

そこで今回のコラムでは、駐車場の売却で利用できる不動産一括査定サイトを厳選して4つ紹介します。各サイトの特徴のほか、駐車場の査定依頼の流れについても解説します。

目次

  1. 駐車場を売却する際のポイント
    1-1.駐車場を売却する方法を選ぶ
    1-2.さまざまな物件タイプの実績がある業者を選ぶ
    1-3.複数の不動産会社に査定を依頼する
  2. RE-Guide(リガイド)不動産一括査定
    2-1.RE-Guide不動産一括査定の特徴
    2-2.RE-Guide不動産一括査定で駐車場の査定をしてもらう流れ
  3. すまいValue
    3-1.すまいValueの特徴
    3-2.すまいValueで駐車場の査定をしてもらう流れ
  4. HOME4U(ホームフォー・ユー)
    4-1.HOME4Uの特徴
    4-2.HOME4Uで駐車場の査定をしてもらう流れ
  5. LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)
    5-1.LIFULL HOME’Sの特徴
    5-2.LIFULL HOME’Sで駐車場の査定をしてもらう流れ
  6. まとめ

1 駐車場を売却する際のポイント

駐車場経営は不動産投資の手法として浸透していますが、売却する際には注意しておきたいことがあります。駐車場を売却する際のポイント詳しくみていきましょう。

1-1 駐車場を売却する方法を選ぶ

駐車場を売却する際は、主に「駐車場として売却する方法」と「更地にして売却する方法」の2つの方法が考えられます。それぞれの方法について、メリットとデメリットを表にまとめましたので参考にしてください。

駐車場を売却 メリット デメリット
駐車場として売却 売却費用以外の費用はかからない 買主が投資家に限定されるため売却が長引くことがある
契約者の契約手続きなどが必要になる
更地として売却 買主が現れやすい 解体費用がかかる
契約者の契約を解除する手間がかかる 

更地にする場合、解体費用などが必要になりますが、駐車場として購入するよりも選択肢が多いため買い手がつきやすくなります。一方、解体費用を売却価格に上乗せできないリスクもあるため、慎重に検討したいポイントとなります。

このようなそれぞれのメリットとデメリットを把握して、どちらの方法で売却するといいのか、まずは検討していくことが大切です。迷う場合には、まずは駐車場として売り出し、その後の状況に応じて解体するかどうかを検証されてみると良いでしょう。

1-2 さまざまな物件タイプの実績がある業者を選ぶ

不動産会社にはそれぞれで得意な物件、不得意な物件があります。また知識や経験が担当者によって異なるという点にも注意が必要です。そのため、駐車場の売却について知識や経験のある不動産会社および担当者に依頼するようにしましょう。

ただし、最初は駐車場として売却活動していたものの、買主がなかなか現れず更地にして売却し直すというケースも考えられます。こうした事態を見越して、さまざまなタイプの物件の売買が得意な不動産会社および担当者を選ぶのもポイントになります。

1-3 複数の不動産会社に査定を依頼する

駐車場に関わらず不動産を売却する際は、複数の不動産会社に査定を依頼することも検討されてみると良いでしょう。

査定価格は、不動産会社によって用いるデータが違ったり、抱えている顧客層が異なります。そのため複数の不動産会社に査定価格を算出してもらうことで、より適切な価格を把握することができます。

複数の不動産会社に査定を依頼することは時間と労力が必要となりますが、不動産査定一括サイトを活用することで効率的に査定価格を比較することが可能です。次の項目からは、駐車場を売却する際に活用できる不動産査定一括サイトを4社見て行きましょう。

2 RE-Guide(リガイド)不動産一括査定

リガイド(RE-Guide)RE-Guide(リガイド)は、独自審査を通過した800社以上の不動産会社と提携している不動産一括査定サイトです。2006年からサービスを提供しており、老舗サイトの部類に入ります。マンションや一戸建て、土地などさまざまな不動産の一括査定に対応しています。

2-1 RE-Guide不動産一括査定の特徴

RE-Guide不動産一括査定の特徴は収益不動産の売却に特化した不動産会社が多く提携していることです。駐車場の購入検討をする方の多くは投資家となるため、まずは収益不動産に強みを持つ会社へ査定を依頼されてみると良いでしょう。

また、最大10社までの不動産会社に同時に査定を依頼できる点も特徴的です。同様のサービスを行っているサイトの中ではトップクラスの多さで、一度の入力でたくさんの不動産会社とやりとりすることができます。他のサイトよりも査定時の入力項目が少し多く感じる可能性もありますが、項目が多い分、最初の机上査定においても精度の高い査定結果を期待できます。

2-2 RE-Guide不動産一括査定で駐車場の査定をしてもらう流れ

RE-Guide不動産一括査定で駐車場の査定を依頼するには、次のような操作で進めていきます。

  1. トップページで都道府県や市町村などを選ぶ(物件種別は「土地」または「その他」を選ぶ)
  2. 画面が切り替わるので、より詳しい物件の情報を入力する(「その他」を選んだ場合、「物件種別」に「駐車場」と入力する)
  3. 申込者の情報を入力する
  4. 査定会社を選択する
  5. 「査定依頼する」ボタンを押す

査定の依頼は同時に10社までできますが、駐車場がある場所によっては査定可能な不動産会社が表示されない場合もあります。

3 すまいValue

不動産一括査定サイト「すまいValue」すまいValueは、「住友不動産販売」「小田急不動産」「三井のリハウス」「野村の仲介プラス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」の大手不動産会社6社で運営する不動産売却ポータルサイトです。この6社合計での店舗数は、2021年4月1日時点で全国に900店舗あります。

2016年10月サービススタート時から2020年7月時点までで査定件数は40万件を突破しており、2020年度(2020年4月〜2021年3月末)の成約件数は11万件以上となっています。

3-1 すまいValueの特徴

すまいValueで査定してもらえるのは、最大6社の大手不動産会社です。大手不動産会社は大手企業との取引も多く、さまざまなタイプの不動産の取り扱いを行っているケースもあります。そのため駐車場の売買にも、適切なアドバイスがもらえる可能性があります。

3-2 すまいValueで駐車場の査定をしてもらう流れ

すまいValueの無料査定を利用する際は、まず60秒でできる物件情報の入力から始めます。下記に査定をしてもらう流れを記載しましたので、確認してください。

  1. トップページで都道府県や市町村などを選ぶ(「物件種別」は「土地」を選ぶ)
  2. 「無料査定スタート」ボタンを押す
  3. チャット風の画面に切り替わるので、より詳しい物件の情報を入力する
  4. 「物件の状態」で「その他」を選ぶ
  5. 「ご要望・連絡事項」欄に「駐車場売却希望」と入力する
  6. 最後まで入力したら「会社選択」ボタンを押す

大手不動産会社で全国展開しているとは言え、地域によっては支店を設けていないケースもあります。そのため対応していないエリアもあることが注意点となります。

4 HOME4U(ホームフォー・ユー)

HOME4UHOME4U(ホームフォー・ユー)は、47都道府県約1,800社の不動産会社と提携している不動産一括査定サイトです。2001年に日本国内で初めて開設されたサイトで、当初は東証プライム上場企業のNTTデータ、2016年度から現在まで子会社のNTTデータスマートソーシングが運営しています。

サイトの特徴は、約1,800社の中から条件に合わせて厳選された最大6社の不動産会社に査定依頼できることです。

4-1 HOME4Uの特徴

HOME4Uと提携する際は、NTTデータグループが不動産会社に対して厳しい審査を行います。そのため悪質な取引をする不動産会社は事前に排除されており、さらに提携した後も取引方法などをチェックするために常にパトロールをしています。

こうして提携された不動産会社は47都道府県にありますので、全国各地にある駐車場の査定が受けられる可能性があります。

4-2 HOME4Uで駐車場の査定をしてもらう流れ

HOME4Uで駐車場の査定をしてもらうには、下記のような操作で進んでいくといいでしょう。

  1. トップページで都道府県と市町村を選ぶ
  2. 画面が切り替わるので、より詳しい物件の情報を入力する(「物件の種類」は「その他」を選び「駐車場」と入力する)
  3. 申込者の情報を入力する
  4. 「不動産会社の選択にすすむ」ボタンを押す

この後、表示された6社から最大6社を選ぶことになります。そのため希望していた不動産会社が含まれない場合もあります。

5 LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)の不動産売却査定サービスは、東証プライム上場の株式会社LIFULLが運営する不動産査定一括サービスです。

参加している不動産会社は独自に設けた掲載基準に則った全国3,672社(2022年5月時点)となっています。累計利用者数は2022年1月時点で838万人を突破しています。

5-1 LIFULL HOME’Sの特徴

LIFULL HOME’Sの特徴の一つが、不動産会社の情報ページがより詳細に作られている点です。「資格所有者がいる」「開業10年以上」「半数がベテランスタッフ」などのアイコン表示もあり、ひと目で会社の特徴が分かるようになっています。

また不動産会社には得意な分野や不得意な分野がありますが、「ここが強み!」という項目があり、不動産会社のアピールポイントもすぐに分かります。さらに「ひとことアドバイス」では、写真付きでスタッフから売却活動のポイントなどについてのコメントが寄せられており、知識レベルや方針なども分かりやすくなっています。

5-2  LIFULL HOME’Sで駐車場の査定をしてもらう流れ

LIFULL HOME’Sで駐車場の査定をしてもらうには、下記のように操作するのが通常です。

  1. トップページで都道府県や市町村などを選ぶ(「物件種別」は「土地」を選ぶ)
  2. 画面が切り替わるので、不動産に関する情報を入力する
  3. 「不動産会社への連絡事項」欄に「駐車場の売却希望」と入力する
  4. 申込者の情報を入力する
  5. 「会社一覧へ進む」ボタンを押す

LIFULL HOME’Sには3,672社の不動産会社が参加しており、他のサイトには掲載されていない不動産会社に査定を依頼できる可能性があります。そのため地方の駐車場でも、取り扱いをしてもらえる期待が持てます。

まとめ

駐車場を求めている買主候補を見つけるのは簡単とは言えないため、駐車場売却に実績のある不動産会社を選ぶようにしましょう。複数の不動産会社に査定を依頼できる不動産一括査定サイトを活用することで、実績のある不動産会社を効率的に比較して選ぶことが可能です。

今回は4つのサイトを紹介しました。無料で利用することができるため、時間のある時に1つだけではなく複数のサイトで査定を依頼できる不動産会社を探すこともできます。まずは価格を知りたい、売却までにかかる時間を知りたい、という時には利用を検討されてみると良いでしょう

The following two tabs change content below.
倉岡 明広

倉岡 明広

経済学部経済学科卒業後、出版社や編集プロダクション勤務などを経てフリーライターとして独立。雑誌や新聞、インターネットを中心に記事を執筆しています。初心者が抱く不動産投資の疑問や質問を解決できるよう丁寧な記事を執筆していきます。