戸建やマンションの売却に強い不動産会社は?選び方5つのポイントを紹介

戸建やマンションなどの不動産を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼する方が多いのではないでしょうか。

しかし、依頼する不動産会社によって売却価格や売却に必要な期間が大きく変わるため、売却を依頼する不動産会社が戸建やマンションなどの実需向け不動産の売却に適している不動産会社なのか、事前に確認をしておくことが重要です。

この記事では、戸建やマンションの売却を検討している方に向けて、売却に強い不動産会社の選び方のポイントや特徴を紹介します。

目次

  1. 戸建やマンションの売却が得意な不動産会社とは
  2. 戸建やマンションの売却に強い不動産会社5つのポイント
    2-1.大手と地域密着の違いを理解して不動産会社を選ぶ
    2-2.囲い込みをしていない不動産会社を選ぶ
    2-3.査定の根拠が明確な不動産会社を選ぶ
    2-4.実績が豊富な不動産会社を選ぶ
    2-5.募集広告に注力している不動産会社を選ぶ
  3. まとめ

1.戸建やマンションの売却が得意な不動産会社とは

不動産には戸建やマンション以外にも、投資用マンション、オフィス、アパート、土地など様々な種類があり、不動産会社によって得意な物件のタイプは異なります。

また、戸建やマンションなどの住居用不動産を購入検討する方は、投資家や法人だけではなく、実際に住むこと(実需利用)を想定した方の割合が多くなります。

そのため、売却を依頼する不動産が戸建やマンションである場合、売却を依頼する不動産会社が戸建やマンションなどの実需向け不動産の売却に適している不動産会社なのか、事前に確認をしておくことが重要なポイントとなります。

2.戸建やマンションの売却に強い不動産会社5つのポイント

不動産会社に仲介を依頼する場合、大手の不動産会社もあれば地域密着型の不動産会社もあるなど、数多くの不動産会社から依頼先を検討する必要があります。

不動産の売却に強い不動産会社の選ぶ際、ここでご紹介する主なポイントは以下の5つです。

  • 大手と地域密着の違いを理解して選ぶ
  • 囲い込みをしていない不動産会社を選ぶ
  • 査定の根拠が明確な不動産会社を選ぶ
  • 実績が豊富な不動産会社を選ぶ
  • 募集広告に注力している不動産会社を選ぶ

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

2-1.大手と地域密着の違いを理解して不動産会社を選ぶ

大手の不動産会社は広告効果による取扱案件数の多さや、社員教育におけるマニュアル、トラブル対応へのノウハウなどが豊富であるなど、多くのメリットがあります。

しかし、1人の担当者が抱えている案件が多い、対応が事務的であるなどのデメリットもあるので注意が必要です。

一方で、地域密着の不動産会社は地域の特徴を熟知している、経験豊富な営業マンに対応してもらいやすいなどのメリットがあります。しかし、広告効果が比較的弱い、売却対応できる物件が限られるなどのデメリットがあるので注意が必要です。

このように大手の不動産会社と地域密着の不動産会社にはメリットとデメリットの両方があります。必ずしも大手が良いとは言い切れないため、それぞれのメリットとデメリットを踏まえた上で選ぶことが重要と言えるでしょう。

2-2.囲い込みをしていない不動産会社を選ぶ

不動産会社の中には、囲い込みを実施している不動産会社もいます。囲い込みとは、他社への広告を積極的に行って幅広く買い手を募集するのではなく、自社の抱えている顧客のみに募集をかけて買い手を探す方法です。

不動産会社は仲介手数料を売り手と買い手から受け取ることができますが、買い手を他の不動産会社に紹介された場合には、売り手からしか仲介手数料を受け取ることしかできません。

そのため、少しでも報酬を増やすために、囲い込みで両方から仲介手数料を得ようとする不動産会社が存在します。

このような囲い込みを行う不動産会社に仲介を依頼すると、なかなか買い手が見つからなかったり、相場より安く売却される可能性があるので注意が必要です。

不動産会社を選ぶ際は、レインズ(不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステム)への物件登録を行っているか、不動産情報ポータルサイトへの登録を行っているかなど、囲い込みを行っていないか確認しておきましょう。

2-3.査定の根拠が明確な不動産会社を選ぶ

不動産査定の結果、査定価格が高い不動産会社が必ずしも良い不動産会社とは言えません。その理由は、仲介を受けるために、わざと高い査定結果を提示する不動産会社が存在するためです。

そのため、査定結果の根拠が明確であるかどうかを確認することが重要です。周辺相場を踏まえた過去の取引事例や、物件の積算評価を踏まえた金融機関の担保評価の傾向など、客観的な情報から査定の根拠をしっかり説明できる不動産会社を選ぶようにしましょう。

また、不動産会社へ査定を依頼する際は1社ずつではなく、複数社へ同時に依頼できる不動産一括査定サイトの利用を検討してみましょう。

不動産一括査定サイトとは、物件情報を一度登録するだけで複数社の査定を受けられるサービスで、効率的に複数社の査定結果を比較検討することが出来ます。

戸建てやマンションの売却を検討するのであれば、参加社数が全国1700社以上のLIFULL HOME’Sや、最大6社の不動産大手仲介会社に無料で一括査定が依頼できるすまいValue、NTTデータグループが提供する国内最大級のHOME4Uなどの一括査定サイトの利用を検討してみましょう。

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

2-4.実績が豊富な不動産会社を選ぶ

実績が豊富な不動産会社の場合、築き上げた独自のルートで買い手を見つけてくれる可能性があります。実績が豊富かどうかを判断するには、会社のホームページの実績を確認するという方法や宅建業免許の番号から判断するという方法があります。

宅建業免許番号で確認する場合、括弧の中に書かれている数字で判断することが可能です。免許の更新は5年に1回行われるため、もし括弧の中の数字が「3」と記載されている場合には、10~15年の営業年数であることが分かります。

営業年数が長いということと実績が豊富ということは必ずしもイコールではありませんが、営業年数が長い不動産会社は年数の実績があります。実績を確認する一つの指標として参考にしてみましょう。

2-5.募集広告に注力している不動産会社を選ぶ

買い手をスムーズに見つけられるかどうかは、募集広告の影響も大きいと言えます。不動産ポータルサイトへの掲載する場合、掲載する写真を工夫する、説明文を分かりやすく記載するなど、募集広告に注力している不動産会社は営業力が高い傾向があります。

不動産会社を選ぶ際は、時代のニーズに応じた募集方法を積極的に利用している不動産会社を選ぶことが重要と言えるでしょう。

まとめ

不動産を売却する際は、売却をスムーズに進める、売却後のトラブルを未然に防ぐために、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。どの不動産会社に仲介を依頼しても、結果は大きく変わらないと考えている人も多いかもしれませんが、そのようなことはありません。

依頼した不動産会社によっては、なかなか買い手が見つかりにくい、安く売却して損をする可能性があるため、売却に強い不動産会社を選ぶことが重要です。

この記事には、売却に強い不動産会社の選び方のポイントや特徴をまとめています。記事に記載されているポイントを押さえながら不動産会社を選べば、不動産を少しでも高く・早く売却できる可能性が高くなるでしょう。

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。