不動産の売却価格の相場を知るには?自宅を高く売るための相場の調べ方5つ

不動産会社に自宅売却の仲介を依頼した際は、不動産会社の営業マンと自宅の売出価格を決めます。しかし、周辺の物件価格の相場を知らないまま売出価格を決めた場合、周辺相場よりも低いと損をしてしまい、高いとスムーズに売却につながらない可能性があります。

そのため、不動産会社の話を鵜呑みにせず、売主自身もある程度の価格相場を踏まえた上で適切な売却価格を決めることが重要です。

今回は、自宅の売却を検討している方向けに、自宅を売却する際の価格相場の調べ方について解説します。

目次

  1. 自宅を売却する際の価格相場の調べ方
    1-1.不動産会社に自宅の査定を依頼する
    1-2.不動産一括査定サイトで自宅の相場を調べる
    1-3.不動産ポータルサイトで周辺相場を調べる
    1-4.レインズマーケットインフォメーションで成約事例を調べる
    1-5.土地総合情報システムで成約相場を調べる
  2. まとめ

1.自宅を売却する際の価格相場の調べ方

不動産会社に自宅を売却の仲介を依頼する際、決めた売出価格が相場よりも安いと早期売却が目指せるものの、価格面では損をしてしまいます。

一方、売却価格が相場よりも高いと、売却活動の期間が長引いてしまう可能性があります。売却活動期間が長期化すると、修繕費や管理費、固定資産税といった費用がかかってしまうことになります。

そのため、自宅を売却する際は、不動産の周辺相場価格を理解した上で売出価格を決めることが重要です。価格相場を調べる方法として以下の5つが挙げられます。

  1. 不動産会社に査定を依頼する
  2. 不動産一括査定サイトで調べる
  3. 不動産ポータルサイトで調べる
  4. レインズマーケットインフォメーションで調べる
  5. 土地総合情報システムで調べる

それぞれの価格相場の調べ方について詳しく見ていきましょう。

1-1.不動産会社に自宅の査定を依頼する

価格相場を調べると言っても、不動産売却に慣れていない方が価格相場を調べる簡単ではありません。そこで検討したいのが、不動産の専門家である不動産会社に査定を依頼するという方法です。

査定方法は机上査定と訪問査定の大きく2つに分類されます。机上査定とは、不動産会社に不動産の情報を伝え、机上で査定してもらう方法です。査定の依頼後は数時間~1日で査定結果を知ることが出来ます。

訪問査定とは、実際に不動産会社の担当者が現地に来てもらって査定してもらう方法です。机上査定とは異なり、物件の周辺環境や劣化状況などを加味しながら査定結果を出すため、より正確な結果を知ることができます。

しかし、訪問査定では、訪問日までに必要な書類の準備や日程調整を行う必要があるため、手間と時間がかかります。具体的に売却を進めたい場合には訪問査定、ただ単に価格相場を知りたいだけの場合には机上査定など、目的によって使い分けると良いでしょう。

1-2.不動産一括査定サイトで自宅の相場を調べる

不動産の査定では、会社ごとに査定で重視するポイントや、仲介できる買主の顧客層に差があるため、査定結果が異なることがあります。より正確な査定結果を知りたい場合は、複数の不動産会社に査定を依頼すると良いでしょう。

複数の不動産会社に依頼する場合、不動産一括査定サイトを利用すると一度の登録で複数の不動産会社から査定結果を出してもらうことが可能です。売却意思が固まっていなくとも、物件の査定結果や周辺相場を知ることができます。

また、不動産一括査定サイトで査定結果を提示してくれた不動産会社にそのまま売買契約の仲介を依頼することも可能です。

主な不動産一括査定サイト

サイト名 運営会社 特徴
すまいValue 不動産仲介大手6社による共同運営 査定は業界をリードする6社のみ。全国870店舗。利用者の96.7%が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と回答
リガイド(RE-Guide) 株式会社ウェイブダッシュ 登録会社数700社、最大10社から査定を受け取れる。収益物件情報を掲載する姉妹サイトも運営、他サイトと比べて投資用マンションや投資用アパートの売却に強みあり
HOME4U 株式会社NTTデータ スマートソーシング 全国900社から6社まで依頼可能。独自審査で悪徳会社を排除
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス 株式会社LIFULL 全国1600社以上の不動産会社に依頼できる。

1-3.不動産ポータルサイトで周辺相場を調べる

不動産ポータルサイトとは、HOME’SやSUUMOなど、不動産情報を複数掲載しているサイトの総称です。これらの不動産ポータルサイトに掲載されている物件の中から、自宅の条件と近しい物件を探すことでおおよその価格相場を知ることが可能です。

不動産会社に査定を依頼した場合、その後の積極的な営業活動が行われることがあります。そのような営業を受けたくない場合には、ポータルサイトなどで簡易的に相場を知るのも良いでしょう。

しかし、不動産ポータルサイトに載っている物件の価格は、売主が希望している売出価格で登録されています。売却が成約する実際の価格ではないため、地域によっては正確な相場を測れないことがあります。

1-4.レインズマーケットインフォメーションで成約事例を調べる

レインズマーケットインフォメーションとは、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営しているサイトです。このサイトでは直近1年間に売買された不動産の価格情報の検索が可能です。

売り出されている価格ではなく、実際に契約が成立した価格であるため、どのくらいの価格帯の需要が高いのかを知ることも可能です。

しかし、検索できるのは直近1年間の情報だけに限られる上、物件の構造や状態などの詳細情報を知ることが出来ないデメリットがあります。

1-5.土地総合情報システムで成約相場を調べる

土地総合情報システムとは、国土交通省が実際に不動産取引を行った方を対象に実施したアンケート結果がまとめられているサイトです。

レインズマーケットインフォメーションに似ていますが、土地総合情報システムはさらに過去に遡って実際に取引された価格情報を手に入れることが可能です。

しかし、土地総合情報システムにはアンケート結果に基づく情報が掲載されているため、レインズマーケットインフォメーションと比較すると信憑性が低い情報も紛れている可能性があります。

3.まとめ

価格相場を知らないまま自宅の売却価格を決定すると、相場よりも安く売却して損をする、なかなか買い手が見つからないなどのトラブルが生じます。そのため、少しでも高く、よりスムーズに売買契約を成立させるには、価格相場を把握しておくことが重要です。

価格相場の調べ方としてこの記事では5つの方法を挙げました。より正確な価格相場を知りたい場合には不動産会社に査定を依頼し、おおよその相場を調べたい場合にはポータルサイトなどを利用すると良いでしょう。

また、不動産の相場を調べる際は、一つの情報だけでなく複数の情報から総合的に判断することが大切です。今回ご紹介した方法のうち、まずはご自身に合った方法から試してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。