不動産査定は何社に依頼すべき?複数の不動産会社を利用するメリット・デメリットも

不動産を売却する際に、不動産会社に査定を依頼して不動産価格を算出してもらうことになります。このとき、複数の不動産会社に依頼すると相場価格が分かりやすくなり、低い価格で売却してしまうことを防ぐメリットがありますが、反対に注意しておきたいデメリットもあります。

そこで今回のコラムでは、複数の不動産会社に査定を依頼するメリットとデメリットを紹介します。不動産査定を検討していた方はご参考ください。

目次

  1. 不動産を売却する際の査定とは
    1-1.不動産査定の流れ
    1-2.机上査定と訪問査定の違い
  2. 複数の不動産会社に査定を依頼するメリット
    2-1.不動産の相場価格が分かりやすくなる
    2-2.いろいろなタイプの不動産会社に見てもらえる
    2-3.不動産会社選びがしやすくなる
  3. 複数の不動産会社に査定を依頼するデメリット
    3-1.情報提供や対応に煩わしさを感じることも
    3-2.依頼しない不動産会社へ断りの連絡をする必要がある
  4. まとめ

1 不動産を売却する際の査定とは

不動産を売却する際、物件の状態を調べた上で不動産市場の状況からおおよその価格をつけてもらうため、不動産会社に査定をしてもらうことになります。

最終的な売出・売却価格は売主が決定しますが、不動産会社がつけた査定価格は目安となります。そのため、査定は不動産売却をする際の重要な手順の一つなのです。次の項目では、不動産査定の流れを見ていきましょう。

1-1 不動産査定の流れ

不動産査定は、不動産会社の情報を集めるところからスタートします。その後の流れは、主に下記のように進みます。

  1. 不動産会社の情報を集める
  2. 机上査定をしてもらう不動産会社を選ぶ
  3. 情報を提供し、査定をしてもらう
  4. 不動産会社から査定結果が届く
  5. 査定結果を精査し、訪問査定をしてもらう不動産会社を選ぶ
  6. 不動産会社が訪問査定に訪れる
  7. 不動産会社から査定結果が届く
  8. 査定結果を精査し、売却活動をしてもらう不動産会社を選ぶ
  9. 不動産会社と媒介契約を締結する

査定をしてもらう不動産会社は、不動産会社のホームページを閲覧したり、SUUMOなどの不動産情報ポータルサイトで検索したり、不動産一括査定サイトを活用したりすることで探すことができます。

1-2 机上査定と訪問査定の違い

査定とは、不動産会社が物件の状態を確認して、市場で売却できそうな価格を提示することです。その方法には、机上査定(簡易査定)と訪問査定の主に2つあります。

机上査定とは、名称通り不動産の情報だけを用いて査定価格を算出する方法です。物件が区分マンションであれば、築年数や専有面積、間取り、最寄り駅からの距離、最近の取引事例などの情報だけで査定をします。

それに対して訪問査定とは、不動産会社の担当者がマンションを訪れて物件の状態などを確認して査定する方法です。机上査定での情報に加えて物件の状態や快適性などが分かるため、より厳密に査定価格を提示することができるのです。

複数の不動産会社に査定を依頼する場合、まずは5~10社程度の不動産会社に机上査定をしてもらい、査定結果から訪問査定をしてもらう不動産会社を3~5社程度に絞り込む、などのように工夫をされてみると良いでしょう。

2 複数の不動産会社に査定を依頼するメリット

不動産は全く同じ条件の物件が他に存在していないことから、不動産の価格は原則的に相対取引で決まり、市場で販売されている商品のような定価がありません。そのため、各不動産会社の査定方法や提携している金融機関、抱えている顧客層によって不動産価格が変動してくるのです。

このような特徴がある不動産売却ですが、複数の不動産会社に査定してもらうことで、下記のようなメリットがあります。

2-1 不動産の相場価格が分かりやすくなる

不動産売却をスムーズに進めるためには、販売価格の設定が重要です。価格を高くつけてしまうと買主候補が現れにくくなり、価格を低くつけてしまうと本来売却できる価格よりも安く売ってしまうことになるからです。

1社だけではなく複数の不動産会社に査定価格をつけてもらい、それぞれの価格を比較してみることで適切に販売価格をつけることに繋がります。

また各社で査定価格にバラツキがあった際には、価格だけでなく査定の根拠についても確認してみましょう。1社からの査定根拠の解説に疑問が生じた場合も、他の不動産会社と同時にコミュニケーションを取ることで正しい根拠であるのか判断しやすくなります。

2-2 様々なタイプの不動産会社に査定してもらえる

不動産査定で重視するポイントは、不動産会社や担当者によって異なります。そのため、複数の不動産会社の担当者に見てもらうことで、物件の武器や魅力などに気づくことがあったり、どのような売却方法が適しているのか分かる可能性もあります。

不動産会社はそれぞれに規模や方針などが異なり、得意とする売却活動の内容も違います。不動産会社のタイプと特徴は、大まかには下記の表のように分けることができます。

不動産会社のタイプ 特徴 得意な広告戦略
全国組織の大手企業 ・ネームバリューがあり、幅広いターゲットに訴求できる
・多くの個人投資家と付き合いがある
大掛かりな広告展開ができる
地元密着型の中小企業 ・エリアの特性などを把握している
・地元の有力なオーナーなどと取り引きがある
ターゲットを絞った売却活動ができる

このようにタイプの異なる不動産会社に査定を依頼することで、どのような顧客から問い合わせがありそうか推測しやすくなるため、スムーズな売却につながる可能性もあるのです。

2-3 不動産会社選びがしやすくなる

不動産査定は、販売価格を設定するために活用することが大きな目的ですが、不動産会社選びに役立てることもできます。

査定をしてもらうやりとりの中で、不動産会社の実績や方針、担当者の熱意や雰囲気、能力、知識などが感じ取れるからです。それらを元に、ご自身が売却を依頼したいと思える不動産会社かどうか判断することができるため、複数の不動産会社に査定をしてもらうと不動産会社が選びやすくなるのです。

主な不動産一括査定サイト

サイト名 運営会社 特徴
すまいValue 不動産仲介大手6社による共同運営 査定は業界をリードする6社のみ。全国900店舗。利用者の96.3%が「安心感がある」と回答
SUUMO(スーモ)不動産売却 株式会社リクルート 大手から中小企業まで約2,000の店舗と提携。独自の審査基準で悪質な不動産会社を排除。60秒で入力が終了し、無料査定がスタートできる。
リガイド(RE-Guide) 株式会社ウェイブダッシュ 16年目の老舗サイト。登録会社数800社、最大10社から査定を受け取れる。収益物件情報を掲載する姉妹サイトも運営、他サイトと比べて投資用マンションや投資用アパートの売却に強みあり
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス 株式会社LIFULL 全国3694社以上の不動産会社に依頼できる。匿名での依頼も可能
HOME4U 株式会社NTTデータ スマートソーシング 全国1800社から6社まで依頼可能。独自審査で悪徳会社を排除

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

3 複数の不動産会社に査定を依頼するデメリット

一方、複数の不動産会社に査定を依頼するには、対応する不動産会社が多くなるなどのデメリットもあります。詳しく見ていきましょう。

3-1 情報提供や対応に煩わしさを感じることも

不動産会社が査定を行うには、物件に関する情報が必要です。机上査定であれば、物件の大まかな情報でも可能ですが、訪問査定になるとより詳細な情報が必要になります。

不動産査定では、主に下記のような書類の提出を求められることになります。

  • レントロール(家賃表)
  • 購入した時の契約書
  • 重要事項説明書
  • 登記済権利証・登記識別情報通知
  • 固定資産税等納付通知書
  • 図面
  • 測量図、など

これらの書類を用意したり、手渡すためにコピーをしたりといった作業が査定を依頼する不動産会社の分、必要になります。

また、訪問査定は不動産会社の担当者が物件を訪れて状態を確認します。不動産が土地や賃貸用物件であれば同行しなくても良い場合もありますが、居住用物件などの場合は自宅を訪れることになります。

訪問査定にかかる時間は1〜2時間程度で、例えば訪問査定を5社に依頼した場合は、5回対応することになります。そのため時間的な負担に加え、対応が煩わしいなどでデメリットに感じてしまうこともあるのです。

3-2 依頼しない不動産会社へ断りの連絡をする必要がある

最終的に1社と専任媒介契約を締結する場合、複数の不動産会社へ査定を依頼していると他の不動産会社へ断りを入れる必要が出てきます。断りを入れることが苦手な方にとって、ややストレスに感じるポイントと言えるでしょう。

また、断られた不動産会社の担当者が依頼を受けたいために、あらためて営業の連絡を取ってくることがあります。このような営業連絡が不要であればしっかりと断りを入れ、悪質な場合には不動産査定サイトへ問い合わせたりなどの対策が必要となってくることもあるでしょう

複数の不動産会社へ査定依頼したくない場合の対策

あまり多くの不動産会社へ査定依頼をしたくない場合は、まず大手不動産会社に査定を依頼してみることを検討されてみると良いでしょう。大手不動産会社では売買実績が豊富で、様々な物件タイプの取引実績があります。査定書も詳細に作ってもらえるため、初めての不動産売却でも不安の少ない取引が可能です。

大手不動産会社に査定を依頼するのであれば、三井グループの三井不動産リアルティが運営する「三井のリハウス」や、東急グループの「東急リバブル」などがあります。その他、不動産一括査定サイトの「すまいValue」では大手6社に絞った査定依頼も可能です。

なお、大手不動産会社によっては対象エリア外であったり、担当者の経験が浅い、地場の不動産会社と比較して地域の不動産情報に詳しくない、などの可能性があります。大手不動産会社への依頼を検討する場合であっても、不動産売却の当事者として任せきりにならないように注意しましょう。

【関連記事】不動産売却の実績が多い大手不動産会社は?10社のランキングを比較

まとめ

不動産査定は、物件に販売価格をつけるために参考になるのに加え、不動産会社を選ぶのにも役立ちます。そのため、できるだけ幅広い不動産会社に査定をしてもらうことは大切なポイントです。

ただし、多くの不動産会社に査定を依頼しすぎると、対応するのに時間や労力を使うこともあります。ご自身で対応できる時間や労力などを踏まえて、査定を依頼する不動産会社を選ぶようにしましょう。

The following two tabs change content below.
倉岡 明広

倉岡 明広

経済学部経済学科卒業後、出版社や編集プロダクション勤務などを経てフリーライターとして独立。雑誌や新聞、インターネットを中心に記事を執筆しています。初心者が抱く不動産投資の疑問や質問を解決できるよう丁寧な記事を執筆していきます。