マンション投資を始めるなら参加しておきたい不動産投資セミナー7選

マンション投資を始める際、その仕組みなどを理解するためには本を購入したり資料を取り寄せたりする方法などがありますが、セミナーに参加してみるという方法もおすすめです。セミナーでは不動産投資家や金融の専門家の方などに実際に会って話ができる等の魅力があるからです。

今回は不動産投資セミナーのメリットやデメリットを確認した上で、区分マンション投資を始める際に参加しておきたい不動産投資セミナーをご紹介いたします。

目次

  1. 不動産投資セミナーのメリット
    1-1.専門家の話を聞くことができる
    1-2.不動産投資の具体的な問題解決ができる
    1-3.不動産を所有した場合のシミュレーションができる
  2. 不動産投資セミナーのデメリット
    2-1.会場まで行く時間や費用がかかる
    2-2.投資スタイルの違いがある
    2-3.営業マンから電話がかかってくる可能性がある
  3. 区分マンション投資に特化したセミナーの紹介
    3-1.株式会社湘建
    3-2.グローバルリンクマネジメント
    3-3.リズム株式会社
    3-4.FJネクスト
    3-5.ブリッジシーエステート
    3-6.ワンルームダイレクト
    3-7.プロパティエージェント
  4. まとめ

1.不動産投資セミナーのメリット

不動産投資セミナーは、本や資料を読むことと比較してどのようなメリットがあるのかを見てみましょう。

1-1.専門家の話を聞くことができる

セミナーは一般的に2部構成か3部構成になっています。1部では専門家の方の講演が行われ、資料などを見ながら話を聞くことができます。

講演はセミナーごとにテーマがあらかじめ設定してありますので、自分が興味のあるセミナーを選んで参加することができます。各分野に精通したその道のプロの方が話をしますので、より深く専門的な知識を得ることができます。

1-2.不動産投資の具体的な問題解決ができる

講演の後には個別相談ができるケースが多く用意されていますので、その際に不動産会社の方や金融の専門家の方などに直接質問ができるようになっています。

本や資料では、情報は得られるものの疑問点が発生した時に質問をしてすぐに解決することはできません。一方セミナーでは具体的な質問をしてその場で解決できるため、その点が本などにない大きなメリットと言えます。

1-3.不動産を所有した場合のシミュレーションができる

セミナーでは具体的な物件の紹介を行い、購入した場合にどのような運用になるか、などシミュレーションまで作成してくれたりすることもあります。

本や資料だけでは具体的な自分の投資についてはイメージすることが少々難しいのですが、セミナーでは実際に売り出し中の物件を所有した場合のシミュレーションを作成することもあり、自分が区分マンションを所有した場合の具体的なイメージを持つことができます。

2.不動産投資セミナーのデメリット

不動産投資セミナーでは、不動産投資の専門家の方と話ができるメリットについて知ることができました。ではデメリットはどういった点になるのでしょうか。

2-1.会場まで行く時間や費用がかかる

本や資料であれば、通販サイトや通りがかりの本屋で購入したり、出版社に問い合わせをしたりして資料が届くのを待てば良いのですが、セミナーは時間をとって会場まで行かなければいけません。移動する交通費もかかりますので、あまり外出を好まない人にとっては負担に感じるかもしれません。

2-2.投資スタイルの違いがある

同じ区分マンションでも、新築と中古では価格や修理にかかる費用、利回りなどが違います。利回りを追求したいのに新築のセミナーに行ったり、運用後のリスクを抑えて始めたいのに中古のセミナーに行ったりすると、投資スタイルが合わないことがあります。できれば両方の投資スタイルを知った上でスタートされることをおすすめします。

本であれば、購入前に自分の状況と違うテーマのものは購入を控えることができますが、セミナーでも事前にきちんと内容を調べてから行くことが大切です。

2-3.営業マンから電話がかかってくる可能性がある

セミナーの参加者は、不動産会社からすると今後不動産を購入するかもしれない見込み客になりますので、あとあと電話やメールがくる可能性があります。そのセミナーに参加して投資を前向きに検討しているのであれば問題ないですが、投資をしようと踏み切れなかった人にとっては、営業マンからの電話を迷惑に感じる可能性もあるでしょう。

3.区分マンション投資に特化したセミナーの紹介

区分マンション投資には中古と新築とがあり、初期費用や運用の仕方などに違いがある上、不動産会社によってもストロングポイントが違います。実際にセミナーに足を運んで、物件や取引をする不動産会社などを自分の目で判断するにあたって、以下で不動産投資セミナーを行う会社ごとにそれぞれどのような特徴があるのかをご紹介しておきたいと思います。

3-1.株式会社湘建

株式会社湘建は新築と中古の両タイプの不動産投資事業を行っています。駅から徒歩8分以内という立地にこだわり物件を選定していて、中古でも99.62%(2019年2月末時点)の入居率を誇ります。価格帯は2,000万円前半程度からと手ごろで、また頭金も10万円から取り組めるという点が、不動産投資が初めての人でも安心して取り組める要因です。

セミナーの特徴

湘建のセミナー後のアンケートでは95%の人が「満足した」と回答しています。多くの不動産投資家や色々な分野の専門家の方を招き、メリットだけでなくリスクまできちんと学ぶことができる点が好評を得ています。

また、現在はセミナー参加でAmazonギフトが2,000円分もらえるキャンペーンも実施中なので、不動産投資についてじっくり学びたいと考えている方におすすめです。

湘建のセミナーの詳細はこちらをご覧ください

3-2.グローバル・リンク・マネジメント

株式会社グローバル・リンク・マネジメントは東証一部に上場する不動産会社で、主に新築マンションを販売しています。物件の開発から販売、賃貸管理まで全てワンストップで行っていますので、一つの窓口で様々な問題に対応できる点が特徴です。

セミナーの特徴

毎回違うテーマでセミナーを行っています。「【朝活60分!!】不動産投資を決断する前に知っておくべき5つのコト」や「年収1200万以上限定!ゼロから始める【節税×資産形成】」のように、具体的な問題解決ができる内容になっています。テーマを具体的に選んで参加したい方にとっては有効的なセミナーです。

グローバル・リンク・マネジメントのセミナーの詳細はこちらをご覧ください。

3-3.リズム株式会社

リズム株式会社は東京23区の中古マンションの販売やリノベーションなどを手がけている会社です。リズムでは、不動産価値を客観的に捉えるため、東京23区の主要473駅のデータから、「経年減価」「駅乗車人員数」「緑化状況」「商圏力」「アクセス」などの観点から調査を行い、各駅の「賃貸力」「利用度」「発展性」「住みやすさ」「将来性」といった5つの視点から市場価値を分析するなど、データ分析やマーケティングに強みがあります。

また、リズムのリノベーション物件は「待ってでも住みたい」というウェイティング者が20人つくなど高い稼働率を誇っており、入居率も99.0%(2018年9月現在)と空室リスクが気になる投資初心者からの人気が高くなっています。加えて、金融機関からの評価も高いため、金利は1%台、融資期間は最長で45年のローンを組むことも可能です。

セミナーの特徴

リズム株式会社のセミナーでは中古マンションへの投資に関して物件の選び方や、長期的視点に立った投資戦略を学ぶことができます。

リノベーション投資に関する解説や、不動産投資を基礎から始める方もしくは戦略レベルで不動産投資を学びたい投資家の方に、それぞれ具体的なノウハウを専門家から学べるカリキュラムを提供しています。

リズムのセミナーの詳細はこちらをご覧ください。

3-4.FJネクスト

株式会社FJネクストは東証一部上場の老舗マンションデベロッパー企業です。都心を中心とした高品質マンションの「ガーラ」シリーズを提供しています。FJネクストが提供する物件は80%が東京都心にあり、そのうち98.7%が駅から徒歩10分圏内と、資産性が高く長期にわたり安定した投資を行うことができるエリア選定を行っています。

セミナーの特徴

初心者向けに不動産投資の基本から運用方法まで幅広いテーマでセミナーを行っています。新築と中古の両タイプの物件を紹介していますので、様々なテーマのセミナーを選んで参加することができます。またセミナーでは非公開物件の紹介も行っていて、お得な物件情報を得ることも可能です。

FJネクストのセミナーの詳細はこちらをご覧ください。

3-5.ブリッジ・シー・エステート

株式会社ブリッジ・シー・エステートは東京都心の中古ワンルームに特化した不動産投資事業を行っています。都心の好立地の物件が中心の不動産投資になりますので、安定した運用を行うことができます。また、リノベーションや賃貸管理、売却までトータルにサポートしていますので、出口戦略まで考えて不動産投資を行うことができます。

セミナーの特徴

「どのような物件を選んだらいいのかわからない」「不動産投資を考え始めたばかり」「不動産投資のリスクを聞いてみたい」といった、まだ不動産投資をしたことがなかったり、始めたばかりだったりする方向けのセミナーになっています。また、日本人だけでなく在日外国人向けのセミナーもあり、グローバルな投資家対象へのサービスにも力を入れています。

ブリッジシーエステートのセミナーの詳細はこちらをご覧ください。

3-6.ワンルームダイレクト

ワンルームダイレクトは株式会社セルゲートジャパンが行っている中古のワンルーム投資事業サービスです。東京、大阪、名古屋、福岡といった主要都市の物件を選ぶことが可能です。非公開情報の紹介、AIによる的確な物件紹介、仲介手数料無料といった独自のサービスで高い収益力を持つ中古ワンルーム投資が実現できます。

セミナーの特徴

ワンルームダイレクトのセミナーは初心者向けに定期的に行われています。東京だけでなく関西や九州の物件に投資をしたいという方にも対応しています。仲介手数料0円で物件を購入できたり、自己資金が10万円からと少額でも投資できたり、などといった投資の始めやすさが初心者の方に好評です。

ワンルームダイレクトの詳細はこちらをご覧ください。

3-7.プロパティエージェント

プロパティエージェント株式会社では新築の不動産投資事業を行っています。東証一部上場企業で15期連続成長している勢いのある経営をしています。2018年5月に行われたアイ・エヌ・ジードットコムによる投資マンションデベロッパー満足度調査で、顧客満足度3年連続1位と購入後のサポート体制が万全の会社です。

セミナーの特徴

プロパティエージェントのセミナーでは、セミナー限定物件を紹介したり、具体的な数字を提示したりしながら、実際に不動産投資を始めようとする方向けの情報を提供しています。提携している金融機関が多く、低い金利でローンが組めたり物件価格の100%の融資ができたりする上、シミュレーション作成まで依頼することも可能です。

プロパティエージェントのセミナーの詳細はこちらをご覧ください。

まとめ

不動産投資家向けの事業を行っている不動産会社では、上記のようにテーマを決め定期的にセミナーを行っている会社が多く存在します。セミナーには初心者向けの基本的な内容の講演や、非公開物件の紹介を主にしたものなど具体的に購入を検討している方まで、幅広い層に対応したテーマが存在しています。

気になるテーマのセミナーがあれば、一度参加してみてはいかがでしょうか。区分マンション投資は比較的情報を得やすいジャンルであるため、セミナーに参加することで有益な情報も多く得られるでしょう。

The following two tabs change content below.
西宮光夏

西宮光夏

国内、海外の不動産投資の情報を中心に、投資全般とスポーツ関連メディアのライティングを手掛けています。HEDGE GUIDEでは国内外の不動産投資に関する記事を担当しています。初心者の方にもわかりやすい形で情報提供していければと思っています。只今、国内においては東京オリンピック前後の不動産状況に注目です。