TAG factom

仮想通貨コラム

ブロックチェーン上でデータを記録・管理。Factomの概要と意義、現状について

第三者によるデータの改ざんが困難で、かつ誰でも簡単に情報を見ることが可能な特性を持つブロックチェーンは、不動産登記や公的書類の発行といったサービスを大きく効率化できることが期待されています。他にも様々な権利の証明や証明書の作成などへの応用が研究されています。こうした分野に向けたブロックチェーン活用の先駆者とも言えるプロジェクトが「Factom」です。

仮想通貨

コインチェック、仮想通貨イーサリアム(ETH)・XEM・LSKの入金と購入を再開

コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所コインチェック(以下、コインチェック)は11月12日、仮想通貨イーサリアム(ETH)、NEM(XEM)、Lisk(LSK)3種類の入金と購入サービスを再開したことを同サイト内で発表した。