ブロックチェーンFactom、米国政府の送電網を保護する技術試験に利用

米国のIoTセキュリティスタートアップTFA Labsは9月5日、米国政府の国家送電網を保護する技術試験に送電網にマルウェア感染していないことを検証するためにFactomを利用すると発表した。

国家の送電網プロジェクトにFactomを利用することで、米国エネルギー省(DOE)からおよそ20万米ドルの助成金を受け取り、デバイスの数百万のセキュリティを改善することを目指している。

TFA Labsは、Factomを利用したデバイスの正常性や利用状況などのデータをFactomブロックチェーンに保存することやデバイスに入っているソフトウェアにデジタルIDを割り当てることを検討しているとのことだ。ファイルがマルウェアに感染して外部から操作されると、個別のデータと一致しない暗号化ハッシュが生成されて、不正が検知される仕組みだ。

実験の第1段階は、ユースケースのプロトタイプを目指して3月まで続く。実験がフェーズ2に達すると、TFA Labsはデバイスメーカーとの連携や米国の国家送電網(DOE)から100万ドル近くの資金を得る。

Factomは他にも、住宅ローンの情報管理やカルテ、証明証書などの正当性を保証への利用が考えられている。

【関連記事】ファクトムとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】US Energy Department Funds Trial of Factom Blockchain to Secure Power Grid

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」