仮想通貨ウォレットLedgerでERC-20の送受信可能に、今後DeFiのプラットフォームとしても示唆

仮想通貨ウォレットLedgerを提供するLedger社は9月5日、LedgerのネイティブアプリであるLedger Liveにイーサリアムブロックチェーンを基盤としたERC-20トークンのサポートを開始した。これにより、Ledger内でERC20トークンを保存できるだけでなく、送受信も可能になる。

これまでLedgerで保管していたERC20トークンの移動を行うには、外部のアプリであるMyEtherWalletやMetaMaskに接続する必要があった。Ledger LiveのプロダクトマネージャーBenjamin Arama氏によると、外部のアプリを利用せずにLedgerで保管と送受信ができることでより優れたユーザー体験を実現できるという。同氏は今後、Ledgerを通して、分散型の金融サービス(DeFi)を利用するユーザーに有用なサービスを提供する予定であり、Ledgerプラットフォームを介した仮想通貨レンディングサービスは現在検討中であるとの考えを示した。

【参照記事】Ledger adds ERC-20 support to Ledger Live; explores offering DeFi services


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」