コインチェック、仮想通貨イーサリアム(ETH)・XEM・LSKの入金と購入を再開

コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所Coincheck(以下、コインチェック)は11月12日、仮想通貨イーサリアム(ETH)、NEM(XEM)、Lisk(LSK)の入金と購入サービスを再開したことを同サイト内で発表した。

コインチェックは2018年1月26日に約580億円分の仮想通貨NEM(XEM)を盗まれて以降、新規登録やビットコインを除く仮想通貨の売買を停止していた。10月30日にはイーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュの入金と購入を再開しており、今回の3通貨の再開によって、現在コインチェックで入金と購入のできない仮想通貨はXRPとファクトム(FCT)の2種類のみとなる。

同発表の中で、コインチェックは、11月1日に特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(以下、JNSA)に加入したことを報告した。JNSAは、日本のセキュリティの専門家が多数集まる協会だ。コインチェックは同協会に加入し、セキュリティのレベルアップに積極的に務めていく方針である。今後の動向に注目したい。

【参照記事】一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせ(ETH・XEM・LSK)

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。