TAG LSK

仮想通貨コラム

長期的な仮想通貨の投資ならコインチェックとビットフライヤーどちらがおすすめ?それぞれのサービスを徹底比較

2019年7月に行われた楽天インサイト調べによると、仮想通貨投資を始める投資家のうち、「およそ3人に1人(30.8%)が投資未経験者」ということが明らかになっています。将来的に必要な資金を仮想通貨投資で貯えたいと考えながら、何から始めてよいかわからない方もいるかと思います。

仮想通貨コラム

コインチェックのステーキングサービスとは?暗号資産Lisk(リスク)でインカムゲインを得る方法を解説

暗号資産(仮想通貨)投資の一般的な収益ポイントは、価格が高騰したところで売却して利益を得る「売却益(キャピタルゲイン)」でした。しかし、暗号資産を売却せず、保有し続けることで「インカムゲイン」を得る仕組みも増えてきています。その一つが暗号資産取引所コインチェックが提供している暗号資産リスク(LSK)のステーキングサービスです。

仮想通貨

Coincheck貸仮想通貨サービス、1万円から貸付可能に。5つのアルトコインの通貨で貸付の募集

マネックスグループ株式会社の子会社で仮想通貨交換業を執り行う株式会社コインチェックは4月14日、同社が提供する「Coincheck貸仮想通貨サービス」で最低貸付量を10万円から1万円相当の仮想通貨に引き下げることを発表し…

仮想通貨

Coincheck、世界初となるLiskのステーキングサービスを提供開始へ

コインチェック株式会社は1月9日、世界初の試み(2020年1月9日現在、同社調べ)として、Liskを対象としたステーキングサービス(β版)の提供を開始した。同サービスは、実証実験の一貫として行い、Coincheckの「取引アカウント」等でLiskを保有するユーザーにステーキングによって同社が受領した報酬を付与する。

仮想通貨

コインチェック、仮想通貨イーサリアム(ETH)・XEM・LSKの入金と購入を再開

コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所コインチェック(以下、コインチェック)は11月12日、仮想通貨イーサリアム(ETH)、NEM(XEM)、Lisk(LSK)3種類の入金と購入サービスを再開したことを同サイト内で発表した。