コインチェックがXRPとFCTの取り扱いを再開、全ての仮想通貨の売買や入出金が可能に

仮想通貨取引所コインチェック(以下、コインチェック)は11月26日、XRP(エックスアールピー)とファクトム(FCT)の2種類の入金・購入を再開した。これによりコインチェックでは現在、全ての仮想通貨の売買と入出金が可能だ。

コインチェックは2018年1月26日、不正アクセスによる仮想通貨NEM(XEM)の流出事件後にビットコインを除く仮想通貨の売買と入出金を一時停止して以降、経営管理態勢や内部管理態勢に関する業務改善を行い、安全性が確保できた仮想通貨ごとに入出金や売買の再開をしてきた。

今後、コインチェックの取引所から入金を行う全ユーザーは、入金アドレスを再発行する手続きが必要になり、「コインを受け取る」画面より「アドレスを作成」を押下し、新しく入金アドレスを発行する必要がある。

XRPの入金には、新しく「宛先タグ」の入力が必須となった。これにより今後、XRPの入金を行う場合、入金アドレスと「宛先タグ」の2つが必要になる。「宛先タグ」の未入力や異なる「宛先タグ」を入力した場合、残高への反映・仮想通貨の返還は行われないため、注意が必要だ。

【参照記事】一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせ(XRP・FCT)

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」