TAG 築古

投資・マネーコラム

築古アパート経営のメリット・デメリットは?注意点やリスク対策も

築古アパートは建物部の経年劣化の影響で物件価格が下がり、表面利回りが高くなる特徴があります。高利回りの収益性にメリットを感じ、築古アパート経営を検討している方も少なくないのではないでしょうか。そこで本記事では築古アパート経営のメリット・デメリット、注意点やリスク対策について解説します。

投資・マネーコラム

築古の長屋を売るには?スムーズな売却に向けた注意点や手順を解説

築古の長屋は現行の建築基準法に対応できていないケースも多く、一般的な戸建やマンションとは異なる特殊な不動産であると言えます。そのため、売却方法を知った上で売却を進めることが重要です。この記事では、築古の長屋をスムーズに売却する手順と注意点について解説します。

投資・マネーコラム

築古物件の瑕疵担保責任、民法改正による影響は?対処方法も解説

相続した不動産を売却したものの、その不動産に瑕疵が見つかった場合は、瑕疵担保責任を追及される可能性があります。瑕疵担保責任とは具体的にどのようなものなのでしょうか。今回は、築古物件の瑕疵担保責任と対処方法、民法改正による影響を解説します。

マンション投資

失敗事例から学ぶマンション投資によくある4つのリスクと対策

マンション投資では、入居者がいる間安定した家賃収入が期待できるだけでなく、銀行の融資も受けられるため、自己資金が少なくても始められる資産運用として注目を集めています。しかし、損をしないためにリスク管理は徹底する必要があります。今回は、覚えておいた方が良い4つのよくあるリスクについて、ケーススタディ形式で解説します。

投資・マネーコラム

どの物件に投資する?不動産投資の成功のカギは「マトリクス思考」にあり

不動産投資を始めるにあたっては、エリア(都心か地方か)、立地(駅徒歩分数は何分がいいか)、物件の種類(マンションかアパートか)、築年数(新築・築浅・築古はどれが良いか)など購入前に検討しなければいけないポイントが数多く存在します。投資用不動産を初めて検討するという方の中には、何を基準にどう選べば良いのかが分からないと感じている方も多いのではないでしょうか?

投資・マネーコラム

「老後の年金対策のはずが年100万円の赤字に」京都でのアパート経営に失敗してしまった不動産投資体験談

老後の年金対策で始めたアパート経営で年100万円以上の赤字 読者の方の実際の不動産投資体験談にもとづいて、HEDGE GUIDE編集部が失敗しない不動産投資のコツや戦略について解説する「不動産投資の相談室」。今回ご紹介す…

なぜ売れない?不動産投資の初心者が陥りやすい売却の4つの落とし穴投資・マネーコラム

なぜ売れない?不動産投資の初心者が陥りやすい売却の4つの落とし穴

「今が売り時だと思って、いざ物件を売り出してみたものの、一向に内見が来ない…」そんな話をよく耳にするようになりました。不動産価格が上がり、売買が活発になってきたためだと思われますが、すべての売却がうまくいっているわけでは…