TAG 単身者

マンション投資

人口減少の日本における不動産投資の戦略は?3つのポイントを解説

「不動産投資をはじめたいけど、人口が右肩下がりの日本で賃貸経営をすることに不安がある。どうやって運営しているのですか?」と聞かれることがあります。また、新築物件が建築されることで競合物件も増え、参入してはいけないマーケットに思えました。全国的には改善されるどころか、悪化の一途をたどっているように感じます。今回は冒頭の質問に回答する形で、不動産投資の戦略について筆者が考えていることをお伝えしていきます。

国内不動産投資

単身者の貯⾦額は100万〜500万円中心、半数が投資。FJネクストHDが「ひとり暮らしのふところ事情」調査

キャッシュレス化に急激な円安、物価高騰。さまざまなお金の動きを、ひとり暮らしの若者世代はどう考えているだろうか。株式会社FJネクストホールディングスが7月20日発表した「⾸都圏の単⾝⽣活者 『⽣活事情』アンケート第13弾」は、ひとり暮らしの「ふところ事情」について、金銭感覚や投資・副業などに質問を投げかけている。

マンション投資

マンション投資、1人暮らし世帯が多い都道府県は?エリアごとの特徴も

単身者向けのマンション投資は、価格の安さなどから自己資金を抑制した投資にメリットがあります。エリアの特徴と物件の特徴とが合わないと空室リスクが高まるため、エリア選定にあたっては、あらかじめ統計を確認することも重要になります。政府の統計を用いて1人暮らし世帯が多い都道府県の特徴や、要注意のリスクなどについて解説します。

マンション投資

築古でも購入したい物件の条件は?値上がりする中古物件の特徴

物件が古くなると賃貸ニーズが減少してしまったり、投資物件の収益の減少や、売却する際の価格が下落してしまったりなど、資産価値が低下してしまう傾向にあります。しかし、古くても入居率が高く、値上がりしている不動産もあります。この記事では、古くても購入したいと思える、値上がりする中古不動産の特徴についてご紹介します。

マンション投資

東京のマンション投資事情は?定期開催の不動産投資セミナーも4つ紹介

東京は人口が多く賃貸需要が高いため、マンション投資をするには条件が揃っています。マンション投資を始める際には、多数開催されているセミナーに参加することで具体的なノウハウや運用方法を学ぶこともできます。この記事では、人口から見た東京のマンション投資事情を確認した上で、東京の不動産投資セミナー情報についてもご紹介します。

マンション投資

投資用マンションとは?初心者が失敗しないための物件の選び方マニュアル

マンション投資では、入居者がいる間は毎月安定した収入を期待できるほか、節税対策・相続対策にもなり得ますが、費用が大きくかかるため、正しい物件選びと収支計画が欠かせません。この記事では、投資用マンションの概要と種類、そして収益を得る仕組みから投資用マンションの選び方について詳しく解説しますので、ご参考ください。

投資・マネーコラム

儲かるアパート経営にするための賃貸需要の見極め方と支出改善のポイント

アパート経営には、長期にわたって安定収入を得られるメリットや節税メリットなどがあり、魅力のある投資分野の一つです。しかし、実際の賃貸経営では、安定した収益をあげている物件とそうでない物件があります。そこで、これからアパート経営を始める方のために、安定した収益をあげているアパートの特徴や、賃貸経営の健全化を図るポイントについて考えていきます。