単身者の貯⾦額は100万〜500万円中心、半数が投資。FJネクストHDが「ひとり暮らしのふところ事情」調査

キャッシュレス化に急激な円安、物価高騰。さまざまなお金の動きを、ひとり暮らしの若者世代はどう考えているだろうか。株式会社FJネクストホールディングスが7月20日発表した「⾸都圏の単⾝⽣活者 『⽣活事情』アンケート第13弾」は、ひとり暮らしの「ふところ事情」について、金銭感覚や投資・副業などに質問を投げかけている。

調査は今年6月3日から6日にかけ、⾸都圏(東京都、埼⽟県、千葉県、神奈川県)在住の独⾝・ひとり暮らしの20代〜30代の男⼥400人を対象にインターネットで実施した。職業は会社員(正規・非正規)の304人が最多。調査によると、貯⾦額は100万円~500万円が中心で、⽬的は「⽼後の備え」が2位。副業をしている人は 2 割超で、副業収⼊は全収⼊の1割程度。半数が投資をしており、投資の種類も多彩になっている。

質問は①あなたはお⾦に執着するタイプですか、しないタイプですか②あなたにとって「⼤枚をはたく」とはいくら位ですか③公共料⾦、家賃など必要経費を除いたひと⽉のあなたのお⼩遣い(⾃由に使えるお⾦)④現在の貯⾦額(銀⾏貯⾦・郵便貯⾦)はおおよそいくらですか(投資資産は除く)⑤現在、貯⾦している人に、貯⾦の主な⽬的は何ですか(3つまで選択)⑥投資はしていますか(している人は投資の種類)⑦副業をしていますか。副業の収⼊が全収⼊の何割を占めていますか⑧家計簿はつけていますか⑨普段、財布に⼊れている現⾦はおおよそいくらですか⑩普段の平⽇のランチ代は⼤体いくら位ですか。

第1問でお⾦に対するこだわりについて聞いたところ「どちらかと⾔えば執着するタイプ」(45.8%)と「執着するタイプ」(25.5%)を合わせ7割強(71.3%)がお⾦に「執着する」と回答。気楽なイメージのある若年の独身者だが、将来への不安感からか、お⾦に対するこだわりは強いといえる。

ひと⽉の⼩遣いは3万円〜5万円が相場。「10万円以上」が2割超(22.5%)で、全体の平均⾦額は5万8230円となった。

8割以上(84.2%)が貯⾦をしており、貯⾦額は「100万円」(12.5%)、「300万円」(11.5%)、「200万円」(9.3%)、「500万円」(8.5%)の順。100万円から500万円が貯金額のボリュームゾーンだ。1000万円以上という⼈も1割以上(13%)いる反面、「貯金はしていない」人も15.8%いた貯⾦をしている⼈(337⼈)の平均⾦額は 396万2462 円だった。

貯⾦の⽬的を訊ねると「いざという時のため」(62.9%)が圧倒的多数。次に多かったのが「⽼後の蓄え」(33.5%)だった。「旅⾏・レジャー資⾦」「趣味の活動費」「物品購⼊資⾦」といった当⾯の出費も予想される中、3割超(30代は43.4%)は早くも⽼後を意識し、備え始めているのがうかがえる。「老後2000万円問題」が若年層にも影響していると同社は推測する。

貯金に続いて投資に関して質問したところ、全体の半数(50.3%/201 ⼈)が投資をしており、投資の種類は「投資信託」(69.7%)「株式」(53.7%)、「不動産投資」(8%)「⾦・プラチナ」(6%)など幅広い。

投資をしている⼈が半数に達しているのは、スマートフォンやSNSの普及によって情報を⼊⼿しやすくなったことで、若年層も投資しやすい環境になっていることが要因と考えられる。男女別では男性6割(60%)に対し⼥性4割(40.5%)と差が⾒られた。

コロナ禍も後押しし、⾮接触のキャッシュレス化が世の中に浸透したが、財布に「現⾦を⼊れていない」⼈は 6.3%と意外に少ない。回答⾦額の内訳は「1万円」(31.8%)が最多で、以下「5千円」(19.5%)「2万円」(13.3%)。財布には1万円前後⼊れておく人が多数派のようだ。

ほか、「⼤枚をはたく」の「⼤枚」は「10万円以上」が26.3%とトップ、「1万円以上」という回答も20%。1万円〜10万円以上が約9割だった。半数が家計簿をつける、平⽇のランチは半数が「500 円以下」で済ませるなど、堅実な意識と行動が顕著だった。

FJネクストホールディングス社はグループ会社の経営管理、不動産特定共同事業、不動産の企画開発、売買を手掛け、首都圏では「ガーラマンションシリーズ」を展開している。

【関連サイト】FJネクスト
【関連ページ】FJネクストの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」