TAG ショートポジション

仮想通貨コラム

【仮想通貨のテクニカル分析を学ぼう!】トレーダーがボリンジャーバンドを利用する時に注意することとは?

仮想通貨市場は独特なので、テクニカル指標も使い方を調整する必要があると私は思っています。テクニカル指標の中でもメジャーなボリンジャーバンドを題材に、基礎的な使い方と仮想通貨市場に合わせた使い方に分けて解説したいと思います。

仮想通貨コラム

【暗号資産取引所の元トレーダーが解説】テクニカル指標:ボリンジャーバンド

今回ご紹介するテクニカル指標は「ボリンジャーバンド」です。ボリンジャーバンドは移動平均線と上下の線で表し、トレンドの勢いや変化の目安、そして相場の状態を見るための指標とされています。暗号資産FXでもこのボリンジャーバンドは重宝できるタイミングがあります。この記事では、ボリンジャーバンドの使い方を解説します。

仮想通貨コラム

ビットコイン購入のタイミングを見極める、ストップロスを利用したビットコイン・トレーディング手法

ビットコインのチャートを見ていると、レジスタンスやサポートラインが機能し続け、一度ラインをブレイクすると激しい値動きを見せる場面が度々あります。このような動きにはトレーダーのポジションが影響しています。ここではこうした値動きの背景を解説し、ブレイクを利用したトレード手法についてご紹介したいと思います。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説】レバレッジ取引でショートポジションを作るときの注意点

ビットコインの値動きでレバレッジ取引を行うと、資金が急激に増えることもあれば、あっという間に資産を失うこともあります。しかし、レバレッジ取引には重要な利点があり、それは「ショートポジションで利益を出すことができる」というものです。ここでは下落相場で利益を出したいトレーダー向けに、ショートポジションを作るときの注意点を経験談も含めて解説したいと思います。

仮想通貨コラム

【暗号資産初心者向け】DMM Bitcoinでビットコインの「空売り」をする方法

レバレッジ取引は、買いから入るロングポジションと売りから入るショートポジション(空売り)があり、値上がり・値下がりの双方で利益を狙えます。ここではDMM Bitcoinでビットコインの空売りを行う方法について解説します。

仮想通貨コラム

GMOコインで活用したいビットコイン取引手法:ボリンジャーバンド

トレード初心者にとって最初にぶつかる壁の一つが「取引手法」だと思います。本を開けば様々な取引手法が記載されており、一体どれを選ぶべきかわからなくなることもあると思います。まずは「どの取引手法が自分に合っているのか?」という視点から、一つずつ試してみると良いでしょう。ここでは仮想通貨投資に使いやすく、シンプルな「ボリンジャーバンド」を使った取引手法を実際のチャートを利用して紹介したいと思います。

仮想通貨コラム

レバレッジ取引(仮想通貨FX)って本当に危険?知っておきたいリスク管理方法について解説

仮想通貨の取引方法には現物取引とレバレッジ取引があります。レバレッジ取引は「仮想通貨FX」とも呼ばれ、取引所に証拠金を預け入れ、その数倍の資金を使って仮想通貨を売買できます。取引できる金額が大きいため大きなリターンを狙うことが可能ですが、反対に元手資金以上の損失が発生するリスクもあります。これが「レバレッジ取引は危ない」と感じさせる理由です。

レバレッジ取引でリスクを少しでも軽減するためにも、適切な建玉(ポジション)管理や、ストップ注文の設定、証拠金維持率など各取引所のルールを把握しておくことが大切です。そこで今回は、仮想通貨のレバレッジ取引の基本的な仕組み、証拠金維持率について詳しく解説します。