TAG エクイティ

投資・マネーコラム

オーナーズブック、エクイティ型案件のメリット・デメリットは?リスクも

上場企業100%子会社のロードスターインベストメンツ株式会社が運営するソーシャルレンディングがオーナーズブック(OwnersBook)です。オーナーズブックの参加方法には主に「貸付型」と「エクイティ型」の二つの方法があります。今回は、エクイティ型案件のメリットやデメリット、注意点をお伝えしていきます。

株式投資コラム

CAMPFIRE Angelsの評判は?メリット・デメリットと案件解説も

新しい投資サービスが次々と登場しており、中でもCAMPFIRE Angelsは少額投資が可能な株式投資型クラウドファンディングとして個人投資家の注目を受けています。そこでこの記事ではCAMPFIRE Angelsの特徴、メリット・デメリット、評判、始め方について詳しく紹介します。

投資・マネーコラム

オーナーズブック(OwnersBook)の業績は?2019年の決算資料を解説

ソーシャルレンディングサイトの「オーナーズブック(OwnersBook)」を運営している株式会社ロードスターキャピタルが、2020年2月末に2019年12月期の決算を発表しました。決算内容を紹介しながらオーナーズブックの現在と今後の目標について確認していきましょう。

投資・マネーコラム

どのソーシャルレンディング会社に投資すればいい?各社の株主で比較

どのソーシャルレンディング会社に投資をするか。その点で悩む方もいるでしょう。有名企業から出資を受けていれば、その会社は有名企業から事業としての可能性や適正を認められたと判断することも可能です。そこで各ソーシャルレンディング会社が公開している情報から、それぞれの会社に、どういった出資者や株主がいるのかを確認してみました。

投資・マネーコラム

オーナーズブックのエクイティ型の仕組みは?ソーシャルレンディングと何が違う?

ロードスターキャピタルが運営するオーナーズブック。投資家から高い信頼を得ているオーナーズブックですが、最近投資家に対してエクイティ型ファンドの提供を始めました。このエクイティ型ファンドは、これまでのソーシャルレンディング案件とは一体、どのような点が異なるのでしょうか。その点について詳しく特徴を見ていきます。

投資ニュース

オーナーズブック初のエクイティ投資型案件、開始数分で2億6500万円を募集完了

ロードスターインベストメンツ株式会社が運営する不動産案件特化型のソーシャルレンディングサービス「オーナーズブック(OwnersBook)」が初となるエクイティ投資型案件「秋葉原オフィスビル」の募集を8月10日の18時より開始し、8月14日の募集終了期日を待たずに開始数分で2億6,500万円満額の募集を完了した。当該案件は、想定運用期間2年11ヶ月、想定利回り(IRR)7.0%で募集していた。

ソーシャルレンディングで重要な不動産ファイナンスの知識~シニア、メザニン、エクイティとは投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングで重要な不動産ファイナンスの知識~シニア、メザニン、エクイティとは

日本のソーシャルレンディング投資では、不動産事業へのファイナンスが大きな割合を占めます。そのため、ソーシャルレンディングを検討するにあたり、不動産に対するファイナンスがどのように行われているかを知ることが大切となります。…