WARASHIBE、9日予定の募集を中止。代替ファンドとして江東区東陽町のマンションを募集へ

株式会社SATASは不動産投資クラウドファンディング(CF)サービス「WARASHIBE(ワラシベ)」で7月7日、新規案件「江東区東陽町区分マンション」ファンドの情報を公開した。江東区東陽町エリアにある区分マンションが投資対象で、募集総額1600万円、1口出資額1万円。想定利回りは年利4.5%、想定運用期間は2021年7月30日から22年1月29日の6ヶ月、配当実施予定日は22年2月28日。

なお、7月9日から募集開始を予定していた「渋谷区松濤エリア区分マンション」ファンドは、運用開始日までに売却の可能性が高まったことから募集を中止した。同社は「6ケ月の運用を予定していたが売却に向けた動きが想定よりも早まり、運用開始日までに契約決済が終了する可能性が生じた。募集開始直前での急遽の中止となり大変申し訳ない」と説明し、謝意を表明。投資家に条件の似たファンドとして「江東区東陽町区分マンション」ファンドへの検討を呼び掛けている。

東陽町の対象物件は、土地面積2959.43㎡、建物は鉄筋コンクリート造1階建で延床面積8805.01㎡のうち8階部分の46.71㎡。竣工日は1975年6月。同ファンドにおける優先劣後出資比率は優先80.0%、劣後20.0%。

前所有者である不動産事業者のオフバランスニーズにより、入居者がいる区分マンションを当社が割安な価格で取得している。オフバランスとは、財務体質を改善するため、保有している資産を譲渡等することによって、バランスシート(貸借対照表)から外すこと。財務指標の一つであるROA(資産収益率)の改善などを目的としたニーズがある。このため、同物件は、安定的な配当原資となる賃料収入を得つつ、入居者が退去した場合にはキャピタルゲインが見込めるとしている。

なお、現時点は入居中の賃借人の退去は予定されていないため、インカムゲイン重視型の商品となる。運用期間中に良い条件での売却先が現れた場合は、運用期間中であっても対象物件を売却する可能性がある。早期売却でキャピタルゲインが出た場合は、追加でキャピタルゲインの一定割合を投資家に分配する方針。

ワラシベに初めて投資する人で、同ファンドに10万円以上投資すると、全員に投資額3%分のAmazonギフト券をプレゼントする。付与は8月中旬の予定。

【関連サイト】WARASHIBE
【関連記事】WARASHIBEの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」