COZUCHI、渋谷区松濤エリアのマンション投資ファンド募集開始。新規投資10万円以上で3%分のAmazonギフト券プレゼントも

株式会社LAETOLIが運営する不動産投資クラウドファンディング(CF)サービス「COZUCHI(コヅチ)」で、新ファンド「渋谷区松濤エリア区分マンション」の募集が7月9日午後7時から開始される。募集金額3200万円、想定利回り4.5%でインカム4.5%、優先出資割合は29.1%、劣後出資割合70.9%。応募期間は7月16日午後1時まで(抽選)。運用期間は6カ月で、1口出資額1万円。配当・償還は6ヵ月分、配当実施予定日もしくは配当予定日は2022年2月7日。抽選で同ファンドに当選し、10万円以上新規投資すると、Amazonギフト券を投資金額の3%分プレゼントする特典つき。

同ファンドは、渋谷区松濤エリア(松濤・神山町・富ヶ谷など)にある区分マンションを投資対象に、賃料収入による配当を目的としたインカムゲイン重視型ファンド。同エリアは高級住宅街として知られ、閑静な環境ながらJR渋谷駅から徒歩圏にあり、交通利便性も良好。対象物件は土地面積928.73㎡、建物は鉄筋コンクリート造1階建、延床面積122.41㎡。竣工は1974年とやや古いが、室内は2020年10月頃にリフォームされており、レンガ造りの高級住宅街にふさわしい外観で、維持管理状況も良いとしている。

家賃収入による安定配当を目指すインカムゲイン型だが、運用期間中に良い条件での売却先が現れた場合は、運用期間中でも対象物件を売却する可能性がある。早期売却によってキャピタルゲインが出た場合には、追加でキャピタルゲインの一定割合を投資家に分配する方針。

コヅチのファンドは、好立地で収益性の高い不動産を事業者と共同で所有し、その収益分配を得ることができる不動産特定共同事業法に基づいた不動産小口化商品。不動産のプロである同社が厳選して購入し、保有していく不動産を商品化、物件画像、所在地、空室率、物件収支など、物件情報を詳しく開示している。

営業者も必ず出資し、さらに優先劣後構造を採用によって元本・分配金の損失はまず営業者が負担することで、元本の安全性・分配金の安定性を高めている。投資期間中に現金が必要となった場合は、手続き完了後、原則として翌月に換金。長期商品も安心して投資ができる仕組みだ。

株式会社NEXERが運営するインターネットリサーチ「日本トレンドリサーチ」で今年3月に実施した不動産投資CFについての調査で、コヅチ(旧:WARASHIBE)は①満足度、②物件情報満足度、③安心して投資できる、の3項目で1位を獲得している。

【関連サイト】COZUCHI
【関連記事】COZUCHIの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」