ロボアドバイザー「THEO」がサービスサイトをリニューアル、より利用しやすい仕様に

AI搭載ロボアドバイザー資産運用サービス「THEO(テオ)」を提供する株式会社お金のデザインは9月3日、テオのサービスサイトをリニューアルした。ブランドコンセプトはそのままに、機能やサービスについてさらにわかりやすく表記、利用者の声を紹介する「ユーザーボイス」のコーナーを追加するなど、より利用しやすい仕様とした。

新サイトでは、サービスのコンセプトと特徴をわかりやすく図解する。「リバランス」「Wノーベル賞理論」「スマートベータ運用」「AIアシスト」「Tax Optimizer(税金自動最適化)」といった機能が一体となって利用者の資産運用をサポートする仕組みが一覧できる。新コンテンツのユーザーボイスは初心者にもわかりやすいガイド的な内容で、さらに「安心への取り組み」で、分別管理や投資者保護基金、不正出金防止、マイナンバー管理体制などセキュリティ対策について改めて紹介している。サイトのメッセージは「今の自分と、未来の自分。 どちらも大切な自分のために。 僕らは『まかせて』強くなる」とうたう。

テオはAI搭載ロボアドバイザーによる投資一任運用サービス。年齢や現在の金融資産額などの情報から、ロボアドバイザーが一人ひとりに合った、最大30種類以上のETFからなるポートフォリオを提案する。最低投資金額は1万円。申し込みはスマホだけで完了し、運用報酬も最大1%(税別・年率)と低コストで始められる。

【参照記事】AI搭載ロボアドバイザー「THEO(テオ)」
【関連記事】THEO[テオ]の評判・口コミ
【関連記事】THEO+docomoの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」