TECROWD、28号ファンド「グリーンライフ小石川」3/10募集開始。想定利回り4.5%

TECRA株式会社は不動産投資型クラウドファンディング(CF)「TECROWD(テクラウド)」の28号ファンド「グリーンライフ小石川」の販売を3月10日午後6時から開始する。募集金額3200万円(別劣後出資175万円)、最低出資金額10万円。想定運用期間は2022年4月1日から24ヶ月、年間の配当利回りは4.5%を想定する。初回配当予定日は22年8月31日。

「グリーンライフ小石川」は東京都文京区小石川に所在するマンションで、1979年11月竣工、22年1月リノベーション工事完工。敷地面積1309.94㎡、建築延面積772.53㎡で総戸数14戸。同ファンドの投資対象は301号室 (61.97㎡)。

テクラウドは1口10万円から不動産に投資ができるCFサービス。複数の投資家から出資を受けた資金で不動産を取得し、運用期間中の賃料収入や売却時の利益を分配する仕組み。国内外の不動産をファンドの対象物件としており、特に海外では新興国における、オフィスビルやレジデンス、国内では障害者を対象とした集合住宅(グループホーム)や都心・郊外の住みやすさに配慮した高層住宅を取り扱っている。投資は物件選びから契約まで、すべてオンラインで完結するため、気軽に不動産への投資が始められるのが特徴。

【関連サイト】TECROWD
【関連記事】TECROWDのメリット・デメリットは?

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」