不動産CF「TECROWD」11号はウランバートルの複合商業型オフィスビル。21日募集開始

TECRA株式会社が運営する1口10万円から資産運用可能な不動産クラウドファンディング(CF)「TECROWD(テクラウド)」で、11号ファンド「IC TOWER(アイシータワー)」の募集が9月21日午後3時から開始される。対象物件のアイシータワーは2022年、モンゴルの首都ウランバートル市の中心地に誕生する複合商業型オフィスビルで、募集金額3420万円(別途劣後出資370万円)、想定運用期間は2021年11月1日~24年4月30日までの30ヶ月、想定利回りは年利8.0%。初回配当予定日は22年2月28日。

アイシータワーはTECRA社が施工の監修を行っている物件で、22年11月に竣工予定。1階から4階までが商業エリアで、スーパーや飲食店のほか、フィットネスや託児所なども誘致予定。 5階から15階は75区画のオフィスエリア。ウランバートルでは経済成長に伴い、 車の所有率が大幅に増加していることから、駐車場を別棟に建設し(78台予定)、 従来型のオフィスビルにはない特徴として差別化する。

ウランバートル市内のうち、特にオフィスや商業施設、 行政機関が集中している地区をAエリアと呼ばれる。今回建設中のIC TOWERの予定地周辺には日本大使館を含む各国大使館や、モンゴルでは数少ない外資系ホテルのShangri-La Hotelもあり、Aエリアの中でも特に活況な場所に位置している。

本物件では、モンゴル証券市場上場の金融機関InvesCoreNBFIのグループ企業であるInvescore Property LLC.とファンド組成時に一括借り上げ契約を結ぶため、対象物件に空室が出たとしても、投資家の皆様は安定した家賃収入を得ることが期待できる。また、IP社との一括借り上げ賃料は円建てであり、為替リスクが軽減されている。

テクラウドは優先劣後構造を採用しており、対象不動産の売却時に元本割れが発生した場合は、TECRA社が先に損失を負担。損失が同社の出資額を超えた場合にのみ、投資家の皆様の元本が棄損する可能性が生じる。

【関連サイト】TECROWD
【関連記事】TECROWDのメリット・デメリットは?

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」