新興国の不動産に投資ができるCF「TECROWD」、4号ファンドは販売開始直後で完売

新興国の不動産に投資ができるクラウドファンディング(CF)「TECROWD(テクラウド)」を運営するTECRA株式会社は5月18日、4号ファンド「Ambassador Residence(アンバサダーレジデンス)@モンゴル/ウランバートル」が販売開始(5月17日)直後に完売したと発表した。募集金額は1400万円。これに続き、5号ファンドの情報を5月31日に公開予定。

テクラウドは不動産特定共同事業法(国土交通省管轄を活用した不動産CFサービス。2号からモンゴルのウランバートルに所在する高級レジデンスをファンド化しており、いずれも成立している。4号ファンドの運用開始日は7月1日、初回配当日は11月30日をぞれぞれ予定。想定運用期間24ヶ月。想定利回りは年利8.0%。最低出資金額は10万円。

不動産CFは、複数の投資家から出資を受けた金銭により不動産を取得し、運用期間中の賃料収入や売却時の利益を分配する仕組み。テクラウドは不動産特定共同事業法(国土交通省管轄)に基づき、新興国の不動産投資を中心にファンドを扱っている。

新興国における不動産投資は、日本と比べて高いリターンが期待できるのが特徴。テクラウドでは新興国に特化した不動産、かつTECRAが工程・品質の管理・監督に責任を持つ不動産のみを扱っている。

対象不動産へは同社が劣後出資を行う。対象不動産の価値が下落して損失が生じた場合でも、まず劣後出資分から負担されるため、下落リスクを抑えることができる。また、出資金の安全性を担保するため、銀行口座も含めて資金・会計の明確な分別管理を実施。決算情報の開示も行い、透明性の確保に努めている。また、為替変動のリスクヘッジとして、現地の金融機関とも提携し、投資家の資金を日本円で受け取り、日本円で還元する。

5号ファンドもアンバサダーレジデンスが対象物件となる予定。プロジェクトの背景やスキーム、年8%という高い分配金が出せる理由などについてオンラインセミナー(無料)を6月3日午後7時から開催する。

【関連サイト】TECROWD
【関連記事】TECROWDのメリット・デメリットは?

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」