TECRA、「ウクライナ人道危機 緊急支援&仮設住宅建築支援PJ」支援額1千万円超に。仮設住宅の詳細も公開

海外不動産クラウドファンディング「TECROWD(テクラウド)」を運営するTECRA株式会社は、「ウクライナ人道危機 緊急支援&仮設住宅建築支援プロジェクト」で、支援額が5月23日現在、1073万8322円(目標金額1千万円)に到達した。参加人数は402人。また、ウクライナ現地で仮設住宅を建築し寄付する計画について、建築予定である仮設住宅の建築手法などの詳細を公表した。

同プロジェクトでは4月22日に寄付受付を開始、寄付は1円から、「テクラウド」会員以外でも寄付できる。支援金はウクライナ政府(在日ウクライナ大使館)へ直接寄贈、避難民や市民への食糧や避難所の提供、衣類、靴、薬などの生活物資、国民への資金援助に充てられる。

また、同社グループは支援金の50%相当を別途拠出し、ウクライナで仮設住宅を建築し寄付する。 仮設住宅の建築手法は、現地で組み立てて短期で完成する「断熱パネル工法」を採用予定。安全性の高い住宅を短い工期で完成させられるよう、工場で加工した建築資材を現地で組み立てる工法で、現地で住む家を失った人々に早急に住宅を提供し、迅速な支援に繋げる計画。

工場内でパーツを加工・完成させることで、着工から完工までの工期を圧縮する。現地での建築に入る前に、建築予定の建物の品質を担保するため、テストケースとして1棟、日本国内にて建築する予定。 現在、中国の工場で資材を加工しており、資材が整い次第、今月末ごろまでに日本に輸入、6月中に神奈川県内某所で完工というスケジュール。日本でのテストで問題が無いことを確認でき次第、現地での建築を予定している。

仮設住宅の建築予定土地の選定は、現地パートナーなどと、ウクライナ西部の都市を複数検討中。すでに何都市か候補はある状態だが、状況を鑑みながら慎重に選定する。

また、本プロジェクト終了後、第二ステップとして本格的な仮設住宅や常設住宅の供給、第三ステップとしてインフラの再整備等、復興に向けたサービスを提供していく。

【プロジェクトURL】ウクライナ人道危機緊急支援&仮設住宅建築支援プロジェクト
【関連サイト】TECROWD
【関連記事】TECROWDのメリット・デメリットは?

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」