「価格高いが購入したい」マンション購入意欲は衰えず。スタイルアクト調査

分譲マンション購入・売却検討者23万人を有する不動産のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」を運営するスタイルアクト株式会社が21日、発表した「マンション購入検討者の定例意識調査」で、購入意欲は前回調査の48.6%から59.4%に増加。新築分譲マンション以外を検討しない割合は20%を切り、全42回の調査の中で最低の値となった。

調査はスタイルアクト社のインターネットサイト「住まいサーフィン」の登録会員23万人のうち、 直近3か月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある人のみを対象とし、マンション購入に対するアンケートを実施するもので、第1回目は2008年1月、今回が42回目。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されているものがあるため、購入検討者の心理を四半期単位で時系列比較している。

今回の調査では、購入したい物件数が「1件も無い」が33.3%と、前回調査の40%から約7%減少、購入検討者が魅力的に感じる物件が増えている。

購入意欲が「増した」人も、前回調査の48.6%から59.4%に増加した。

ただし、現在の購入価格を「高い」と回答している割合は63.7%と、決して低くない。価格が高いと認識しているにも関わらず、購入意欲は上昇傾向であることが分かった。

また、「新築分譲マンション以外を検討していない」割合は20%を切り、過去の調査と比較しても最低の値となった。同時に、中古マンションとあわせての検討割合が80%に達しており、中古マンションも含めた購入の検討が増えていることが伺える。

住まいサーフィンは無料会員制。マンションの売買をする時に知りたい情報を「見える化」し、購入・売却検討者が知ることが難しかった不動産情報を提供する。マンションの査定価格・相場情報と会員の物件評価・デベロッパー評価などの豊富なコンテンツを持つ。マンション査定207万戸、新築マンション価格表13万戸、最近3年の新築物件の価格予想を掲載。会員数は約23万人(2018年9月時点)。

【参照記事】[住まいサーフィン]第42回マンション購入に対する意識調査の公表

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」