海外投資専門FPが教える「初心者のための海外投資セミナー」8/25開催

東京・横浜エリアの新築・中古ワンルームマンションの販売・管理を手がける株式会社湘建が8月25日(日)にみなとみらいセンタービル(みなとみらい線みなとみらい駅4番出口直結)で不動産投資セミナーを開催する

今回は「初心者のための海外投資セミナー」として、海外投資専門FPの永江 智耒氏を講師に招き、同氏が実際に現地視察をしたイギリス、マン島、香港、シンガポール、マレーシア、タイ、ニュージーランド、アメリカなどの金融機関や投資情報を詳しく聴講できる場となっている。

セミナーでは、現地視察に関する情報だけでなく「なぜ、海外投資なのか?」「リスク分散の基本」「為替の動き」といった海外投資の基本的な部分や「海外積立商品」などの具体的な海外金融商品の詳細などまで幅広いトピックを扱うため、「国内の金融商品も含め、分散投資には何が必要か」という点が理解できる。

    セミナープログラム

  1. なぜ、海外投資なのか?
  2. リスク分散の基本について
  3. 円高、円安の動き、歴史
  4. オフショアとは
  5. オフショア生命保険(海外積立商品)とは?
  6. 海外金機関の視察実績

これまでのセミナー参加者は、4割が投資未経験層となっており、セミナー参加者へのアンケート結果では95%が「機会があればまた参加したい」「参加して良かった」と回答。参加者の満足度が非常に高い。

セミナーの内容について、参加者からは「初心者の私でもわかりやすく、国家資格を持った外部の先生が教えてくれるという中立性に好感が持てた」「他社のセミナーでは聞けない専門的な内容が非常に勉強になった」などの声が上がっており、中立性と内容の濃さが好評の要因となっている。

セミナー後には、希望者はライフプランの相談や資産設計、現在購入可能な物件や具体的なシミュレーション、ローンの融資枠などについて確認することも可能となっている。また、セミナーの参加日程が合わないという場合には、セミナーの申し込みページの日程欄から無料個別相談を選択することも可能だ。

また、湘建は現在セミナー参加キャンペーンを実施中。キャンペーン特設ページからセミナーに申し込むと、参加後から3営業日以内にメールにてAmazonギフト2,000円分を受け取ることができる。

講師プロフィール

湘建セミナー講師・伊藤 洋永江 智耒
株式会社セラヴィ 代表取締役/一般社団法人FLSG理事
1965年大阪府生まれ 53歳
元ホテルマン

21歳から43歳まで、フレンチ、イタリアンレストラン業界のサービスマンに従事したあと、2009年に初めて香港に渡航したことをきっかけに、この仕事に従事することに。
初めて渡航した香港にて、世界金融の素晴らしさに築くと同時に、国内の金融商品やサービスに疑問も抱き、海外投資専門のFPとして顧客ニーズに答えるFPとして現在に至る。

セミナー主催企業

株式会社湘建セミナーを主催する株式会社湘建は、東京・横浜の駅徒歩8分以内という好立地のワンルームマンションを手がける不動産投資会社。物件価格は2,000万円~2,500万円が多く他社と比べて購入しやすい価格帯で、融資についても優遇金利1%台前半から、85%が頭金10万円以内でスタートしているといった特徴があり、入居率も99.62%(2019年2月時点)となっている。

また、購入後の賃貸管理については、わずらわしい交渉事やクレーム対応などを全て湘建が代行しており、原状回復費用や設備トラブルの保証なども充実している点がオーナーから高く評価されている。特に、設備トラブル保証は築35年までの設備メンテンナンスコストを保証してくれるというもので、エアコン・給湯器・照明器具・換気扇など一般的な設備をカバーしており、期間中は何度でも保証を受けることが可能な点が好評だ。

セミナー概要

  • セミナー名:確定拠出年金の基本
  • 開催日程:8月25日(日) 15:00~
  • 開催場所:みなとみらいセンタービル19階 株式会社湘建 大会議室
  • アクセス:みなとみらい線みなとみらい駅4番出口直結
  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-1 みなとみらいセンタービル19F
  • 参加費:無料

【セミナー情報ページ】株式会社湘建のセミナー詳細を見る
【関連ページ】湘建の評判・口コミ

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」