新NISAに早くも対応、キャンペーンも。SBI証券、ウェルスナビ

2024年1月からNISA(ニーサ=少額投資非課税制度)が大幅に拡充される。日本政府が推す「新しいNISA」では「つみたてNISA」の年間利用限度額(非課税枠)は120万円に、「成長投資枠」は240万円になる。開始まで1年を切った今月、オンラインの金融サービスも対応する動きが続いている。

ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供するウェルスナビ株式会社は、提供中の「おまかせNISA」が、現行の一般NISAに加えてつみたてNISAにも対応することで、新NISA制度に対応する。ウェルスナビでは、NISAの非課税メリットを活用しながら、「長期・積立・分散」の資産運用を自動で行う「おまかせNISA」を提供しており、現行の制度では一般NISAのみに対応している。

一般NISAとつみたてNISAが制度上統合されることをふまえ、24年以降、おまかせNISAでは、つみたて投資枠を含むNISAの非課税枠全体を利用できるようになる予定。23年にウェルスナビでNISA口座を保有していれば、24年以降、自動的に新しいNISA制度に対応したおまかせNISAの利用が可能。「NISA口座と通常の口座それぞれの部分最適を図るのではなく、顧客の資産全体を最適化している。この考え方は新NISA制度でも維持する」という姿勢だ。

株式会社 SBI 証券は1月18日、新規で証券総合口座を開設した顧客を対象に「【NISA やるなら SBI 証券!キャンペーン】最大 2,323(ニーサニーサ)円相当もらえる!」を開始した。同キャンペーンは3つあり、すべての条件を達成すると、最大2323(ニーサニーサ)円相当が獲得できる。

キャンペーンはまず、Twitterのフォロー&リツイート(1月18日から2月28日まで)で2323人にデジタルギフト券 200 円相当を抽選でプレゼントする。抽選結果はその場で分かる。キャンペーン2は、キャンペーン期間中に総合口座および NISA 口座を開設、クイズに全問正解のうえエントリーすると、もれなく現金 2,000 円をプレゼント。キャンペーン3は、「新しい NISA」に関する同社ウェブサイトの案内ページを確認、「新しいNISAをやりたい!」宣言ボタンからエントリーすると、先着10万人に123円をプレゼントする。

同社では、23年のNISAおよびつみたてNISAの非課税枠は新しいNISAとは別々の口座管理となるため、新NISAの利用を考えている顧客に、今年から始めてスムーズに移行することをすすめている。

【関連サイト】ウェルスナビ(WealthNavi)
【関連サイト】SBI証券
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の評判・口コミ
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の実績・運営企業
【関連記事】SBI証券の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」