証券会社選び、重視するのは「会社の信頼度、経営の安定性」「手数料が安い」1万名調査

伊藤忠グループのリサーチ企業マイボイスコム株式会社は3月19日、証券会社の利用に関するインターネット調査の結果を発表した。調査は8回目で、2月1日~5日に実施、1万259件の回答を集めた。証券会社との取引経験がある人は4割強。男性や高年代層で高い傾向にあり、男性50~70代では5~6割、女性60~70代では5割弱となった。直近3年以内に取引した証券会社を聞いたところ(複数回答)、「SBI証券」が32.4%、「楽天証券」「野村證券」が各20%台。前回調査(17年)と比べ、楽天証券が増加した。

直近で主に取引した証券会社について「満足」と回答した比率を見ると、SBI証券の主利用者で4割弱、松井証券、auカブコム証券の主利用者で3割前後。「満足」「やや満足」の合計では、SBI証券、楽天証券の主利用者で各8割強となった。

直近3年以内に証券会社と取引した人に、取引・購入した金融商品を聞いたところ(複数回答)、「国内株式」が76.3%、「株式投資信託」が30.1%、「国内債券(国債)」「外国株式」「外国債券(外債)」が7~9%となった。

証券会社を選ぶ際の重視点は(複数回答)、「会社の信頼度、経営の安定性」「手数料が安い」が各4割弱で上位2位。「セキュリティが信頼できる」「知名度が高い」が各20%台で続いた。このうち、SBI証券、松井証券では、「手数料が安い」が8~9割で1位に。SBI証券は「スマホアプリで空き時間に取り引きできる」(54歳男性)点を支持する声もあった。大和証券、野村證券は、「会社の信頼度、経営の安定性」「知名度が高い」が上位2位。GMOクリック証券、auカブコム証券は、「取引のツールが充実している」が高くなっている。

今後取引したい証券会社は(複数回答)、SBI証券、楽天証券が各10%台、野村證券が9.0%。一方でわからないが55.9%。主に利用している証券会社を今後も利用したい人(継続利用意向)は、GMOクリック証券、SBI証券で、各80%台となった。

前回の調査では、証券会社との取引経験は全体の4割弱で、男性や高年代層で取引経験者が多い傾向は同様。直近3年以内の取引経験者が証券会社で取引・購入した商品は「国内株式」が8割弱、「株式投資信託」が2割強。直近3年以内の取引経験、今後の取引意向(未経験者含む)のいずれも、1位SBI証券、2位野村證券、3位楽天証券だった。継続利用意向は、GMOクリック証券、SBI証券、カブドットコム証券(現auカブコム証券)、楽天証券などで高かった。

【関連サイト】SBI証券
【関連サイト】松井証券
【関連記事】SBI証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」