高所得層がマンションを購入したいのは「港区」その理由は?不動産購入に関する調査

23区で高所得層がマンションを購入したい区は――不動産調査の有限会社エム・アール・シーは9日、年収600万円以上で首都圏に住む35〜64歳の既婚男女600人を対象にした「資産活用と不動産購入に関する調査」を発表した。年収1000万以上で都内のマンション購入意向がある人のうち、検討しているエリアの第1位は「港区」で2位の千代田区に差をつけた。

調査は2018年10月2日〜3日、個人年収600万円以上で首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)在住の35〜64歳の既婚男女600人を対象にインターネットで実施。内訳は600〜800万円未満、800〜1000万円未満、1000〜2000万円未満で各150人、2000万〜3000万円未満が100人、3000万円以上が50人。

このうち年収1000万以上で都内のマンション購入意向がある人に購入を検討しているエリアを聞いたところ、21・1%が「港区」と回答、2 位の千代田区(14・5%)と約7%の差がついた。港区の平均所得水準は23区内でトップ。3位以降は中央区(13・2%)で、いわゆる「都心3区」の根強い人気が伺える。

年収1000万以上で都内のマンション購入意向がある人に購入を検討しているエリア

港区を検討している理由は「将来的に地価が下がらなそうだから」という回答が最多(50・0%)。以降は「電車やバスのアクセスがいいから」(45・5%)や「駅周辺が栄えているから」(40・9%)という回答が続き、周辺施設の充実やアクセスの良さも将来的な資産価値とほぼ同程度に注目されていた。

港区を検討している理由

物件選びで重視する項目では「最寄り駅からの近さ」という回答が59・3%でトップ、次いで「静かさ・治安の良さ」(56・3%)、「周辺施設の充実」(52・6%)が続く。

物件選びで重視する項目

一方、資産活用(投資、資産保持・資産防衛、税金対策)の目的でマンション購入を検討している人に物件選びで最も重視する項目を聞いたところ、1位は「最寄り駅からの近さ」(25・6%)、「将来的に地価が下がらないかどうか」(15・4%)の順となった。これに対し、住居用(自分・子供の住居用、別荘・セカンドハウス用)にマンションを購入しようとしている人は「将来的に地価が下がらないかどうか」は7位にとどまった。

調査結果をもとに、ファイナンシャル・プランナーの北野琴奈氏が物件購入時のエリア選定や資産活用のコツに関してコメントしている。港区の人気については「話題性のあるエリアは一方で、供給が増えることも予測されるので、需給バランスにも注意をしておく必要がある」と指摘。

ファイナンシャル・プランナーの北野琴奈氏

資産活用の場合は「駅からの距離といった立地や利便性、希少性など、市場における資産価値の高さが売却価格や賃料に影響するので、中長期的に人気が継続するかどうかという観点で物件選びを心掛けて」とアドバイスしている。

コンパクトマンション最新情報

都心の投資用マンション開発・販売を中心に手がける東証1部上場のプロパティエージェントは、物件の立地・建物とも高品質で入居率99.58%(2018年10月時点)の実績のある会社。2018年に行われた投資用マンションオーナー3,000人に対して行われた調査でも、3年連続で顧客満足度・第1位(アイ・エヌ・ジー・ドットコム 調べ)を獲得しており、オーナーからも非常に高い評価を獲得している。

コンパクトマンションのほうでは、「住んでよし、貸してよし」のコンセプトで、都心を中心に『ヴァースクレイシア』というシリーズのマンションを提供。2017年10月に竣工した『ヴァースクレイシア銀座東』が一般社団法人全国住宅産業協会「第8回優良事業賞」を受賞するなど物件の高い品質が認められていることに加えて、マンション購入後も貸したり売ったりする際のサポートを手厚くしてもらえることなどから、ライフスタイルの変化に敏感な女性を中心に高い人気がある。

プロパティエージェントのコンパクトマンション・ヴァースクレイシア

現在販売中のプロパティエージェントのコンパクトマンション

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」