モゲチェック、住宅ローン・不動産投資ローン取扱額が300億円を突破

住宅ローンマッチングサービス「モゲチェック」を運営する株式会社MFSは9月24日、住宅ローン・不動産投資ローンの取扱金額が300億円を突破したと発表した。

モゲチェックは、住宅ローンおよび不動産投資ローンの利用者や利用予定者に対し、全国の金融機関の中から消費者にとって最も良い条件のローンを提案。金融機関への申し込み続きを代行し、完済までのローン金利動向管理までをウェブで提供している。取扱金額は、モゲチェックの有料サービスを利用して住宅ローンや不動産投資ローンを新規に借り入れたり、借り換えたユーザーのローン元本合計額。

同社は住宅ローンの知識に自信のない人でも簡単に新規借り入れ・借り換え検討ができるよう、現在の住居地、年収などの個人情報をウェブ上で入力するだけで金融機関の比較・手続きが進められるITサービスを指向する。基幹サービスであるモゲチェックは、申し込みから融資実行まで、オンラインで完結する完全非対面型住宅ローンサービスであり、金融機関からの紹介料を受け取らない中立の立場で、最適な住宅ローンおよび不動産投資ローンを利用者へ紹介する。必要書類準備から金融機関との連絡まで新規借り入れ、借り換え手続きは、コンサルタントが代行。住宅ローンサービスの利用者には、「将来の金利予測」「借り換えした場合のメリット額提示」「AIによる将来の自宅評価額査定」など、ローン完済まで、住宅ローンを最適条件で保持するための情報を提供している。

家探しの前に借入可能額が判定できる機能や、新規借り入れ・借り換え先の金融機関の選定・申込手続きのサポート、完済までのローン金利動向管理など、メニューはきめ細かい。2016年4月の開始時は対面電話コンサルティングで始まったが、19年2月からは診断から融資実行までウェブで完結するサービスとしてリニューアルした。また、18年10月から不動産投資ローンマッチングサービス「モゲチェック不動産投資」を開始。不動産投資家向けの借り換えサービス、借入可能額判定サービスの提供も行い、“消費者目線”の姿勢がユーザーをひきつけている。

【関連サイト】モゲチェック・住宅ローン
【関連サイト】モゲチェック・不動産投資ローン
【関連記事】モゲチェックの評判・口コミ

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」