利用者2万人突破のオンライン不動産投資「INVASE」で新築区分マンション掲載開始。グローバル・リンク・マネジメントと提携

オンライン不動産投資サービス「INVASE(インベース)」を運営する株式会社MFSは、10月21日から投資用不動産を扱う株式会社グローバル・リンク・マネジメント(GLM)と提携して新築区分投資用マンションの掲載を開始した。インベースの利用者は借り入れ可能額を確認後、具体的にどのような物件を購入できるのか、新築マンションを含む様々な候補から選び出せる。GLMは希望の投資物件をスムーズに選び出し、顧客に最適なローン、金融機関を提案する。スタートの段階では4棟を紹介している。

インベースは、不動産投資を「買う」「見直す」「売る」「学ぶ」ことができる総合不動産投資サービス。2018年10月にサービスを開始、今年6月に「モゲチェック不動産投資」から名称を変更。9月30日時点で会員登録数が2万人を突破した。非対面で時間や場所にとらわれないサービス形態が最大の特徴で、不動産投資を副業とするサラリーマン投資家を中心に利用されている。会員数の増加について、コロナ禍で対面サービスが困難な中でも「資産形成への興味をもった不動産投資初心者層の関心を呼んだ」(同社)と分析している。

各サービスの「はじめる」は、投資物件を探す前に、不動産投資ローンの借り入れ可能額が把握できるサービス「バウチャー」、「見直す」は不動産投資ローンの「借り換えサービス」収益物件の一元管理が可能な「ダッシュボード」が相当する。ダッシュボードでは、保有物件の市場価値や利回り以外にも、将来の推定価格と推定賃料の予測シミュレーションが把握可能。

「売る」は「買取査定サービス」として、複数社の査定金額から、最も高いものを提案。「学ぶ」は投資アドバイスが受けられる「投資アドバイザー」の提供によって、不動産投資から金融関係まで幅広い悩みに対応する。

MFSはこのほか、「誰もが最適な住宅ローンを簡単に選べるようにする」ことを目指し、主要銀行の住宅ローンから最適なものを比較・提案するオンラインサービス「モゲチェック」を提供中。10月13日から、住宅ローン業界初(同社調べ)となる人工知能(AI)を活用した「住宅ローン審査に通る確率(融資承認確率)」を上げるためのアドバイス機能の提供を開始した。

【関連サイト】INVASE(インベース)
【関連サイト】グローバル・リンク・マネジメントのセミナー情報
【関連記事】INVASE(インベース)/モゲチェックの評判・口コミ
【関連ページ】グローバル・リンク・マネジメントの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」