MFS、オンライン不動産投資サービスの名称を「モゲチェック不動産投資」から「INVASE(インベース)」へ変更

株式会社MFSは6月24日から、オンライン不動産投資サービス「モゲチェック不動産投資」の名称を「INVASE(インベース)」に変更した。サービス名称変更に伴い、これまでの不動産投資ローンに関する機能「借り入れ可能額を把握する」「借り換えを行う」以外にも、不動産投資全般に関する機能「収益物件を探す」「管理する」「売却する」を強化していく方針。

インベースは「INVESTMENT(投資)」と「BASE(基盤)」の英単語を組み合わせた造語で、「不動産投資家にとってベストな選択をサポートするプラットフォームを目指す」という意味を込めたという。サービスロゴも新たに作成した。

INVASE(インベース)

同日からLINEでの「投資計画診断」の提供を開始。ユーザーが今の自分の状況を選択肢から選ぶだけで、インベースのどの機能が自分に適しているか診断できる、チャットボットを活用した機能だ。

同社は2018年10月からオンライン不動産投資サービスを開始。サービスを「はじめる」「見直す」に区分し、「はじめる」では、投資物件を探す前に不動産投資ローンの借り入れ可能額が把握でき、不動産会社から投資物件の紹介を受けることもできる「バウチャー」サービスを、「見直す」では不動産投資ローンの借り換えサポートや物件売却を提案・提供する。

対面型店舗を持たないオンラインサービスであることが特徴であり、時間や場所にとらわれないサービス形態から、不動産投資を副業とするサラリーマン投資家を中心にユーザーを増やし、1万7000人以上の不動産投資家に利用されている。「不動産会社でも金融機関でもない中立の立場から、今後も投資家により良いサービスをご提供できるよう努めていく」としている。

【関連サイト】INVASE(インベース)
【関連記事】INVASE(インベース)/モゲチェックの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」