健美家「不動産投資に関する意識調査」1~2年が売り時と予測6割以上

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社が同サイトの会員を対象とした「不動産投資に関する意識調査(第7回)」を実施し、結果を公表した

調査の結果、「投資用不動産は売り時だと思いますか?買い時だと思いますか?」という質問に対して、54.8%が「売り時」と回答した。売り時だと思う理由は「不動産価格の高騰」が85.2%で最も多く、次いで「投資家増加に伴う需要」が56.8%となった。また「売り時はいつまで続くか?」という質問に対しては「2018年まで」が最も多い28.0%。続く「2017年まで」と回答した27.6%と合わせると過半数を超えた。「価格が高騰しているここ1~2年が売り時」と考えている投資家が多いようだ。

一方、「買い時」と回答した11.6%は、理由については「低金利」が最も多い64.2%であり、次に多かった「オリンピック効果で景気上昇、地価が上がると思うから」の37.7%を圧倒的に上回った。「買い時はいつまで続くか?」という質問に対してはオリンピック開催の「2020年まで」という回答が最も多かった。売り時とは対照的に、買い時だと思う投資家の多くが比較的先まで買い時が続くと予想しているようだ。

売り時・買い時

【参照リリース】2017年の不動産投資市場「売り時?買い時?」 「売り時」の回答が過半数。理由は「価格の高騰」85.2%
【参照ページ】不動産投資に関する意識調査(第7回)

(Hedgeニュース編集部 平井 真理)

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

インバウンド不動産投資・民泊投資をはじめとする幅広い業界にてニュース記事・ノウハウ記事・プレスリリースなどの執筆に携わる。「HEDGE GUIDE」では、主にニュース記事の執筆を担当。不動産業界, 仮想通貨関連の最新ニュースを読者の皆様に分かりやすく伝えることを心がけています。