JLL、銀座と表参道の2017年第4四半期の賃貸市場動向を発表

東京

総合不動産サービス大手のジョーンズ ラング ラサール株式会社(以下、JLL)は2月6日、2017年第4四半期の「東京プライムリテール市場」の動向について公表した。JLLは、銀座(中央通り)および表参道(表参道沿い)を「東京プライムリテール市場」と定義している。

JLLによるとそれらの地域における1階賃料は、銀座、表参道ともに前期比横ばいとなり、銀座は月額坪当たり275,000円、表参道は月額坪当たり215,000円となった。

JLLが公表している「2017年第4四半期 グローバル プライム リテール クロック」によると、東京プライムリテールの賃料は「上昇減速」のフェーズにあり、まもなくピークを迎えると予測されている。

2017年第4四半期 グローバル プライム リテール クロック

2017年第4四半期 グローバル プライム リテール クロック

JLLは「賃貸市場では、需給の逼迫は続くとみられるものの、賃料は既に前回ピークに近い高値圏にあり、大幅な賃料上昇を見込むことは難しい」としたうえで「価格は投資利回りの低下余地が限定的となっていることから、主に賃料の変動を反映して安定的に推移する見通し」としている。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」