Renosy提供のジーエーテクノロジーズ、7月25日に東証マザーズ上場

AIを活用した中古不動産流通ポータルサービス「Renosy(リノシー)」を運営する株式会社 GA technologies(以下、GAテクノロジーズ)は7月25日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場した。

GAテクノロジーズの主要サービスであるRenosyは、物件情報の管理ツールやデータ解析などにAIを活用し、効率的に不動産投資の運用を行うことができる点に特徴がある。物件は投資効率の良い「築10年以降」の中古マンションを扱っており、GAテクノロジーズが売主となることで購入時の「仲介手数料0円」を実現している。Renosyの掲載物件は15,000件を超え、登録会員数は2017年第1四半期の2,377人から約20,000人となっている。

また、GAテクノロジーズは今年5月、東京都初となる小規模不動産特定共同事業者(東京都知事(1)第1号)として登録され、8月にもRenosy内で中古マンションを対象としたクラウドファンディングサービスを開始することを発表している。同サービスは中古区分マンションを対象とし、電子取引により、申込から契約、満期後の配当金支払いまでをオンラインで完結するサービスとして提供される見通しだ。

なお、7月24日の終値は5,550円だった。コード番号は3491。

【関連ページ】GAテクノロジーズ(Renosy)の評判・口コミ・資料請求
【関連記事】GAテクノロジーズ「Renosy」内で今夏にもクラウドファンディングサービス開始へ。東京都初の「小規模不動産特定共同事業者」の登録も完了

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」