Fan、佐賀銀行の子会社との金融商品仲介の共同募集運営を開始。SBI証券、楽天証券の販売仲介も

金融商品仲介業の株式会社Fanは10月21日から、佐賀銀行の子会社である株式会社佐銀キャピタル&コンサルティングと金融商品仲介の共同募集運営を開始した。共同募集運営の開始に合わせ、佐銀キャピタル&コンサルティングは株式会社SBI証券と楽天証券株式会社と金融商品仲介業務で業務提携し、両社の金融商品の販売仲介も始めた。Fanが両社の金融商品の販売実績を持っていたことから連携が広がった。今後は、佐銀キャピタル&コンサルティングとFanの共同店舗「さぎんマネースクエア」(佐賀銀行兵庫支店併設)で金融商品の販売を行う。

Fanは富山市に本社を置き、東京・大阪・神戸・名古屋・宇都宮・浜松・福岡に支店を展開。投資信託の相談専門店「投資信託相談プラザ」を開設し、大手証券会社出身者を中心に50名のIFA(独立系投資アドバイザー)が在籍している。今年9月末現在、資産形成層、リタイアメント層をはじめとする顧客口座数は延べ1万3000口座を超え、仲介する預かり資産は約700億円。投資信託相談プラザでは、証券会社選びから金融商品の販売仲介までIFAがサポートする「新しい資産運用の相談窓口」として、幅広い層へサービスを提供する。

佐銀キャピタル&コンサルティングは金融商品仲介業(登録申請中)、ベンチャー起業などの投資支援、コンサルティングなどを手掛ける。両社の共同募集では、佐賀銀行グループが培ってきた地域に密着した営業基盤と、Fanの資産運用に関する専門的な知見・ノウハウの融合を図り、顧客の資産運用をサポートするとしている。地域金融機関が子会社で金融商品仲介業の登録を行い、独立系IFA会社と共同して資産運用コンサルティングサービスを提供するのは国内初の取り組み。

【関連サイト】Fanの投資信託セミナー
【関連記事】Fanの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」