コインチェックとDMM Bitcoinどっちが良い?取扱い暗号資産や手数料、サービスを徹底比較

将来の資産形成手段として、ビットコインや暗号資産(仮想通貨)投資を検討する方や、実際に利用し始めている方が増えています。

この記事では大手が提供する暗号資産取引所のコインチェックとDMM Bitcoinのどちらを選べば良いかについて、「取扱銘柄」「コスト」「取引方法」「アプリ」など、さまざまな視点から比較します。取引所選びの参考としてぜひご活用ください。

目次

  1. コインチェックとDMM Bitcoinの概要
    1-1.コインチェックとは
    1-2.DMM Bitcoinとは
  2. コインチェックとDMM Bitcoinの比較
    2-1.取扱い銘柄の比較
    2-2.取引方法の比較
    2-3.コスト面(手数料)の比較
    2-4.アプリの比較
    2-5.最低投資額の比較
  3. どっちの取引所を選べばいいの?
    3-1.コインチェックが向いている人
    3-2.DMM Bitcoinが向いている人
  4. まとめ

1 コインチェックとDMM Bitcoinの概要

まずは、コインチェックとDMM Bitcoinのサービス概要、それぞれの運営企業について簡単にご紹介します。

1-1 コインチェックとは

Coincheck
コインチェックは、マネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する暗号資産取引所です。2014年創業のコインチェックは、ネム(XEM)の顧客資金流出事件をきっかけに企業買収により2018年4月にマネックスグループのメンバーとなっています。金融系システムセキュリティ対応や法務コンプライアンス体制の整備に取り組んでおり、現在までにコインチェックの本人登録済みのユーザー数は99万口座で国内No.1となっています(2020年7~9月期のマネックス決算報告より)。

1-2 DMM Bitcoinとは


DMM Bitcoinは、株式会社DMM.comのグループ会社、株式会社DMM Bitcoinが運営する暗号資産取引所です。DMMグループはFX口座数国内No.1(2020年1月時点に75万口座)のDMM.com証券を有しており、その専門的なノウハウはDMM Bitcoinにも活かされています。

DMM Bitcoinは、Bid(売値)とAsk(買値)が提示される販売所方式のみを採用しており、暗号資産(仮想通貨)の「現物取引」と「レバレッジ取引」を提供しています。

2 コインチェックとDMM Bitcoinの比較

同じ暗号資産取引所と言っても、コインチェックとDMM Bitcoinのサービス内容は大きく異なります。両者の違いを、「取扱銘柄」「コスト」「取引方法」「アプリ」などから細かく見ていきます。

2-1 取扱い銘柄の比較

コインチェックは多くの暗号資産を取扱っています。一方、DMM Bitcoinは現物資産の取り扱いを3つに絞り、レバレッジ取引で多くのアルトコインを取り扱っています。

コインチェック DMM Bitcoin
15種類:
ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、リスク、ファクトム、イーサリアムクラシック、ステラルーメン、モナコイン、クアンタム、BAT、IOST、Enjin
3種類:
ビットコイン、イーサリアム、XRP(ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、イーサリアムクラシック、ステラルーメン、モナコイン、クアンタム、BAT:レバレッジ取引で利用可能)

 

コインチェックは国内で取扱いの少ない暗号資産を数多くサポートしています。2021年に高騰しているIOSTやゲーム系資産として注目度の高いEnjinなど、現時点で国内ではコインチェックでしか売買できない暗号資産もあります。

DMM Bitcoinはレバレッジ取引の取り扱い銘柄が豊富で、イーサリアムやXRPといった主要なアルトコインの他、国内で人気の高いネムやモナコイン、グローバル市場で注目度の高いステラルーメンやBATなどを取扱っています。レバレッジ取引は、暗号資産のポジションを保有し、取引完了時点に損益の現金のみを受け渡す「差金決済」と呼ばれる方法です。

2-2 取引方法の比較

暗号資産の取引方法について、コインチェックは15種類の暗号資産を取り扱う「販売所」と、ビットコインと一部のアルトコインを扱う「取引所」を設けており、現物取引のみを提供しています。一方のDMM Bitcoinは販売所に特化しており、現物取引とレバレッジ取引の両方が可能です。レバレッジ取引は、証拠金に対して数倍の資産を売買でき、ショート(空売り)を用いて下落相場で利益を狙う戦略も可能となります。

コインチェック  DMM Bitcoin
販売所・取引所 販売所(現物・レバレッジ取引)

2-3 コスト面(手数料)の比較

コインチェックの取引所は取引手数料無料で利用できるので、ビットコインを購入したい方におすすめです。

一般的に、販売所で提示される買値・売値には0.1% ~ 6.0%の価格差(スプレッド)があり、実質的な手数料を含んでいます。販売所は頻繁な売買には適していないので、長期投資目的で利用する場合に留めた方が良いでしょう。

しかし、DMM Bitcoinは独自機能「BitMatch注文」でスプレッドの問題を解消しようとしています。BitMatch注文は発注から30秒以内の顧客の注文をマッチングし、買値と売値のミッド(仲値)価格で取引を成立する仕組みです。また、レバレッジ取引は現物資産の販売所と比べてスプレッドが狭いため、短期トレーディングにも適しています。

コインチェック DMM Bitcoin
販売所:スプレッド
取引所:無料
販売所:スプレッド
レバレッジ取引:建玉金額×0.04%/日

2-4 アプリの比較

coincheck userbility
コインチェックもDMM Bitcoinも、スマホアプリ上で口座開設から入出金管理、暗号資産の取引まで完結できます。

コインチェックのスマホアプリは、販売所にアクセスして暗号資産を売買できるほか、チャット機能、積立投資機能の管理など、コインチェックの様々な機能を利用できます。アプリの累積ダウンロード数は326万件を突破しています(2021年1月時点)。

DMM bitcoin

DMM BitcoinのスマートフォンアプリはPC版に匹敵する充実の機能を搭載しており、2020年9月に90万ダウンロードを突破しています。9種類のテクニカル指標を備えており、4分割マルチチャートにも対応。アプリからでもチャートからワンタッチ発注ができるスピード注文が可能で、急な値動きに対処できます。

2-5 最低投資額の比較

暗号資産には「単元株」のような制度はないので、小数点以下から購入できます。1ビットコインは現在300万円を越えていますが、コインチェックとDMM Bitcoinでは0.001ビットコインといった少数単位から投資をスタートできます。

コインチェック DMM Bitcoin
取引所:0.001 BTC
販売所:500円
販売所:0.001BTC
レバレッジ取引:0.01 BTC

3 どっちの取引所を選べばいいの?

コインチェックとDMM Bitcoinの両者ともに、多くの暗号資産を取り扱っています。しかし、機能とその使い方はかなり異なってくるようです。両者を比較するには、取引方法やアプリの使い勝手を基準に検討すると良いでしょう。

3-1 コインチェックが向いている人

コインチェックは現物を長期間保有する投資スタイルに適しています。コインチェックでは、国内の他の取引所がまだ取り扱っていない新しい暗号資産をいち早く上場するケースもあります。時価総額の低いアルトコインは、小型株のように、良いニュースで上昇するケースもあります。

コインチェックの販売所はショッピングサイトのようなデザインなので、初心者でも簡単に売買できるでしょう。コインチェックのビットコイン取引所もシンプルでわかりやすくなっており、手数料も無料です。数十万円の範囲でビットコインを売買するのに申し分ないと思います。

コインチェックは取引以外のサービスも充実しています。資産を貸して金利を得る「貸仮想通貨」や、自動積立サービスなども備えているので、長期投資を考えている方はコインチェックを検討してみると良いでしょう。

3-2 DMM Bitcoinが向いている人

レバレッジ取引も備えるDMM Bitcoinは、多くのトレーダーに利用されています。手元資産以上の金額を取引できるので、トレーディングでアクティブに資産を増やしたい方に向いています。レバレッジ取引はアプリでも利用できるので、外出先でポジションを調整するような使い方も可能です。

DMM Bitcoinでも、11種類の暗号資産のエクスポージャーを得られます。アルトコインの短期的な高騰を狙ったショート(空売り)も狙えるなど、投資戦略の幅が広いのは魅力的です。BitMatch注文や、分割チャートなどトレーディングをサポートする機能が整っています。

4 まとめ

コインチェックとDMM Bitcoinのサービス内容を比較しました。より使いやすく、様々な暗号資産を取り扱うコインチェックを選ぶか、レバレッジ取引などトレーディングに向いた機能も備えるDMM Bitcoinを選ぶかは個人の状況次第です。

そうした一方、暗号資産投資家の間では複数の取引所を使うことが一般的です。その理由は、メンテンナンス時に取引できないリスクを回避する目的や取引所間の価格差を利用したアービトラージなど多岐に渡ります。暗号資産初心者の方であれば、長期保有の暗号資産をコインチェックで保有・運用しながら、チャート分析などをしながらのトレードをDMM Bitcoinでするといった使い分けも考えられるでしょう。

暗号資産取引所はすべて無料で開設できる上、管理手数料もかからないため、両取引所の口座開設をしてみることがおすすめです。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。