不動産投資クラウドファンディングCREAL、第2号・第3号案件は開始2分で募集完了

株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営する不動産投資クラウドファンディング「CREAL」において、本日17時より開始された第1号~第3号案件のうち、都心レジデンスへの投資案件である第2号・第3号案件は開始後2分で募集完了となった。

第2号案件は都心レジデンス「ティアラ目白AVENUE」への投資。2001年5月に竣工した賃貸レジデンスで、最寄駅である都営大江戸線「落合南長崎」駅まで徒歩5分という閑静な住宅街に立地しており、新宿や池袋といった大都市にもアクセスが良い物件。都心の駅近物件ということで、高い入居率が期待できる。

ファンド概要

ファンド名 ティアラ目白AVENUE
予定年間利回り 4.3%
運用期間 6か月
募集期間 2018年12月3日17時~2018年12月27日17時
募集額 1,541万円
出資単位 1口1万円

第3号案件も同じく都心レジデンスへの投資。投資対象のトーシンフェニックス五反田は、2005年4月に竣工した賃貸レジデンスで、都心に立地しているだけでなく、最寄駅であるJR山手線「五反田駅」から徒歩2分圏内であり、交通アクセスに恵まれた物件となっている。

ファンド概要

ファンド名 トーシンフェニックス五反田
予定年間利回り 4.1%
運用期間 4か月
募集期間 2018年12月3日17時~2018年12月27日17時
募集額 2,117万円
出資単位 1口1万円

いずれのファンドも都心の好立地物件に投資可能ということもあり、開始直後から投資資金が集中した形だ。

なお、「第1号浅草ホテルファンド」は、調達予定総額は8.8億円に対して、3日21時現在で募集額2,884万円とまだ投資枠には余裕がある状況。募集期間は27日17時までとなっている。

投資対象のアマネク吾妻橋は2018年3月8日に竣工した新築物件で、日本の中でも観光人気の高い浅草エリアの至近に位置し、開業3ヶ月目となる2018年6月から直近10月までの実績では90%以上の稼働率を堅調に確保している。

CREAL独自の優待付与として、ホテルアマネク吾妻橋スカイに5万円以上の投資をした投資家へ、株式会社アマネクが運営している全ホテルにて10%割引優待サービスを実施。2019年1月1日~2020年12月31日(2年間)が対象となり、不動産投資クラウドファンディングを展開する当社ならではとなる。

ホテルアマネク浅草吾妻橋スカイ

ファンド概要

ファンド名 ホテルアマネク浅草吾妻橋スカイ
予定年間利回り 4.2%
運用期間 24か月
募集期間 2018年12月3日17時~2018年12月27日17時
募集額 88,000万円
出資単位 1口1万円

投資受付開始にあわせて、運営者である株式会社アマネクの情報やファンドスキーム図、期中配当に関する収支の内訳(月間)など、投資案件の詳細情報も開示されているため、収益性や運営者などをしっかりと精査してから投資を検討することが可能な状況となっている。

ホテルアマネク浅草吾妻橋スカイ*会員登録後に閲覧できる「第1号案件の期中配当に関する収支の内訳(月間)」

CREAL(クリアル)は、不株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営している不動産投資型クラウドファンディングサービス。1口1万円から小口不動産投資を始めることができ、運用資産評価額の下落が一定割合までであればブリッジ・シー・キャピタルが損失を負担する優先劣後のスキームで運用される。会員登録はメールアドレスだけで簡単に行うことができ、案件の詳細情報を確認することが可能となっている。

また、12月3日から12月27日までは「CREALオープニングキャンペーン」が開催され、期間中に合計10万円以上の投資申込をした場合に、プレゼント額100万円を上限として、投資申込額が10万円以上30万円未満の方は1%、投資申込額が30万円以上の方は2%がもれなくプレゼントされる。

【関連サイト】CREAL
【関連ページ】CREALの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチームは、ソーシャルレンディングや金融知識が豊富なメンバーがソーシャルレンディングの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」