売り出す前に押さえておきたい、自宅をなるべく高く売却する4つのコツ

転勤や出産による家族構成の変化といったライフイベントをきっかけに、購入した自宅の売却に至る方も多くいます。次の住まいへの買い替えや住み替えを控えているため、「少しでも自宅を高く売りたい」と考えている方も多いと思いますが、なるべく高く売却するコツはあるのでしょうか?

この記事では、事前に押さえておきたい、自宅をなるべく高く売却する4つのコツについて解説します。

目次

  1. 自宅をなるべく高く売却する4つのコツ
    1-1.

  2. 相場を事前に把握しておく
    1-2.

  3. 不動産一括査定を活用する
    1-3.

  4. 需要の高い時期に売却する
    1-4.

  5. 内覧に向けて部屋をきれいにする
  6. 売却価格アップに繋がるとは限らない2つの行動
    2-1.

  7. 業者によるクリーニングを手配する
    2-2.

  8. リフォームを行う
  9. 買い取りを検討するのも1つの選択肢
  10. まとめ

1 自宅をなるべく高く売却する4つのコツ

自宅を少しでも高く売却できれば、資金に余裕が出るので住み替えや買い替えを速やかに行えるようになります。ではどうすれば高く売却できるのでしょうか?

自宅をなるべく高く売却するには、以下の4つのコツを押さえておくことが重要です。

  1. 相場を事前に把握しておく
  2. 不動産一括査定を活用する
  3. 需要の高い時期に売却する
  4. 内覧に向けて部屋をきれいにする

それぞれのコツについて見ていきましょう。

1-1 相場を事前に把握しておく

自宅を売却する際には、通常、不動産会社に自宅の査定を依頼します。不動産会社から提示された査定結果に基づいて自宅の売り出し価格を決めていきますが、自宅の適正価格が分かっていないと、相場よりも低い価格で売り出してしまう可能性があります。

そのため、まずは不動産会社に自宅の査定を依頼する前に、自宅の相場がどのくらいなのか事前に確認することが重要です。相場の確認方法には主に以下の3つがあります。

  1. 不動産ポータルサイトで調べる
  2. レインズマーケットインフォメーションを活用する
  3. 土地総合情報システムを活用する

SUUMOやLIFULL HOME’Sといった不動産ポータルサイトで、自宅周辺の類似物件がいくらで売りに出されているか調べることで、おおよその相場を把握することが可能です。

レインズマーケットインフォメーションは、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営しているサイトです。また、土地総合情報システムは国土交通省が管理しているサイトです。どちらも実際にいくらで不動産の取引が行われたのかを調べることができます。

適切な価格を把握してから売り出し価格を決めることで、自宅を安く売ってしまうことを防げるでしょう。

1-2 不動産一括査定を活用する

不動産会社に自宅の査定を依頼すると言っても、不動産会社ごとに査定結果は異なるのが一般的です。しかし、複数の不動産会社に査定を依頼するとなると、手間と時間がかかってしまいます。

そこでおすすめするのが不動産一括査定を活用することです。不動産一括査定は自宅の情報を一度入力するだけで、複数の不動産会社から査定を一括で受けられるサービスです。これを利用することで正確かつ高い査定結果を提示してくれる不動産会社を効率良く見つけることができます。

主な不動産一括査定サービスは以下の通りです。

必ず査定結果通りの価格で売却できるとは限りませんが、適正な価格を知ることで値付けのミスを無くせるという意味では非常に役立ちます。自宅を少しでも高く売却したいのであれば、一括査定サービスの利用を検討してみると良いでしょう。

1-3 需要の高い時期に売却する

また自宅を少しでも高く売却したい場合には、売却する時期を意識することも重要です。例えば、日本では就職や入学・進学、転勤などのイベントが4月に重なります。

それに合わせて1月~3月は住宅を購入する人が増えるため、売り出し価格が少々高く設定されていても、契約が成立する可能性が高いと言えます。そのため、自宅を売却する際は、この時期を狙うのが1つのポイントです。

閑散期に売り出しても希望価格で売れない、また値下げを要求される可能性も高いため、時期をよく考えながら売却計画を立てることをおすすめします。

1-4 内覧に向けて部屋をきれいにする

上記3つのコツを押さえて売却を進めていても、内覧時に部屋が片付いていない状況では内覧に来た人の印象が悪くなります。その結果、購入してもらえなかったり、値下げを要求されたりする可能性があるので注意が必要です。

内覧が決まった場合は、内覧までに部屋の荷物を整理して室内をスッキリさせる、水回りの掃除を丁寧に行っておく、といった作業を行っておくことをおすすめします。また、内覧当日には日中でも照明を付けたりカーテンを開けたりするなど、部屋を明るく見せると印象が良くなって契約成立に至りやすくなるでしょう。

2売却価格アップに繋がるとは限らない2つの行動

自宅の売却の際には、内覧に来た人の印象を良くすることが重要ですが、かといってそれを行ったとしても必ずしも高く売却できるとは限らないので注意が必要です。売却時に気にかける人が多いポイントである、クリーニングやリフォームにおける注意点について詳しく解説します。

2-1 業者によるクリーニングを手配する

内覧に備えて部屋をきれいにしておいた方が良いと言いましたが、水回りの汚れは自分で掃除するだけでは簡単に落ちない場合があります。そのような場合には、業者にクリーニングを依頼した方が専用の道具や薬剤を使って対応してくれるため、効率良く部屋をきれいにできます。

しかし、クリーニングを手配してきれいにすることで内覧に来た人の印象が良くなっても、売り出し価格に上乗せできるほどの効果があるかどうかは分かりません。自分で清掃できる範囲だけでも問題がない可能性もありますので、内覧時の反応を見ながら不動産会社と相談した上で手配しましょう。

2-2 リフォームを行う

水回りの設備が傷んでいる、フローリングやクロスなどが汚れているといった場合には、査定結果に影響が出るだけでなく、内覧後に値下げを要求される可能性もあります。そのため、売却前にリフォームを行うことを検討している方もいると思います。

しかし、クリーニングのケースと同様で、リフォームにかかった費用を上乗せできるほどの効果が期待できるとは限りません。内覧希望者には、クロスやフローリングの張替えなどのリフォームの費用がかかることを想定した上で購入を検討し、内覧をしている人もいます。

無駄な費用を拠出しないようにするためにも、すぐにリフォームを行うのではなく不動産会社に事前に相談して、リフォームが必要な場合には最低限の施工にとどめた方が良いと言えるでしょう。

3 買い取りを検討するのも1つの選択肢

これまでは自宅をなるべく高く売却するコツと注意点について触れましたが、しっかりとこれらのコツと注意点を押さえながら売却活動を行っていても、なかなか自宅の買い手が見つからない可能性もあります。

買い手が見つからないまま時間だけが過ぎた場合、固定資産税や都市計画税などの支出が増えるほか、築年数の経過によって売り出し価格を下げる必要も生じる可能性があります。

そのような事態を避けたい人は、不動産会社による買い取りを検討するのも選択肢の1つです。不動産会社による買い取りは、全ての物件が対象ではありませんが、不動産会社の条件を満たしていれば利用できます。

不動産会社による買い取りには、仲介手数料がかからない、すぐに売却できるといったメリットがあります。しかし、市場価格よりも1~3割安く買い取られてしまうというデメリットもあります。

一長一短ある買い取りですが、売却活動に時間と手間がかかって速やかに次の住み替えや買い替えに移ることができないのであれば、買い取りを検討することもおすすめします。

4 まとめ

クリーニングやリフォームを行うことによって自宅の印象を良くすれば、売却価格を高くできると考えている人も多いと思いますが、必ずしもコストに見合った結果が得られるとは限りません。

それよりも、自宅をなるべく高く売却するには、査定価格が適正なのかを判断するために相場を事前に把握する、複数の不動産会社に査定を依頼し、比較した上で仲介を依頼するために不動産一括査定を活用する、などの必要があります。

また、需要の高い時期に売却する、内覧に向けて部屋をきれいにするなどのポイントもあります。このようにお金をかけなくても、十分に効果が期待できる方法もあるため、まずはこれらの方法を試してからクリーニングやリフォームを検討すると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
矢野翔一

矢野翔一

関西学院大学法学部法律学科卒。宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)などの保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産投資を行う。HEDGE GUIDEでは不動産投資記事を主に担当しています。専門用語や法律が多く難しいジャンルですが分かりやすくお伝えしていきます。